子どもの成長に合わせた心のコーチ法とは? 0歳のお子さまのコーチ法をご紹介!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

明後日20日は大寒です。

一年中で最も寒さの厳しい時と言われていて、寒稽古などの
耐寒の行事が行われることが多い日です。

寒さに負けず、冬を乗り切りましょうね!

208


子どもにとって、最高の心のコーチ役の適任者は、
なんといっても子どもと長い時間を過ごす親です。

優れたコーチは指導方法を研究し、
それぞれの選手に対して適切な指導を行います。

同じように、子どもの成長に合わせたコーチ方法を知っておくことで、
成長の過程で感情の問題が生じても
戸惑いすぎることなく対処できるようになってゆきます。
本日は、「子どもの成長に合わせた心のコーチ法とは?
0歳のお子さまのコーチ法をご紹介します!」

についてお話します。

-------------------

赤ちゃんは、生後3ヶ月頃から徐々に表情や反応が増えてきます。

この頃から、親があやせば笑うようになるため、
よくあやしてあげることで赤ちゃんの心が育ちます。
生後6ヶ月頃になると、
親の感情を的確にキャッチするようになります。

感情の発達の助けになるように過ごすのがよいでしょう。
赤ちゃんは、親の表情、ジェスチャー、声のトーンなどから
絶えず正確に感情を学び取ってゆきます。

赤ちゃんにとって親の感情が心の鏡になるのです。
生後9ヶ月頃からはさらに世界の認識が広がり、
他の人と考えや感情を分かち合うことを理解するようになります。

この時期に親が赤ちゃんに共感を示すことで、親子の感情の絆が育ちます。
赤ちゃんの態度から感情を読み取り、
「嬉しいね。」「悲しいね。」などと気持ちを代弁して声をかけてあげることで、
親が自分の気持ちを理解していることが伝わります。

588


子どもに親の愛情がしっかり伝わっていると、
子どもは優しく、協調性や自主性があり吸収力高いなど、
バランスの良い発達をするようになります。

逆にいくら愛情を持っていても
厳しく育てようと必要以上に突き放したり、
感情を認めてあげなければ
子どもにはその愛情は伝わりません。

そして、SOSとして親を困らせたり、問題行動を起こすようになります。

そうすることで親に注目してもらえるからです。
愛情を伝える手段の一番はスキンシップです。

抱きしめたり、撫でてあげたりと肌と肌の触れ合いはとても効果的です。
また、親が子どもの感じていることを感じるように努めること、
つまり、子どもの気持ちに寄り添って共感してあげることが大切です。
コーチ法と言うとなんだか難しそうですが、
「愛情の表現はスキンシップで表す」
「共感は言葉で表す」と考えるととてもシンプルです。

子どもを思う気持ちをそのまま素直に表現して、
愛情や共感をしっかりと伝えてあげましょう。
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

自転車はごほうびで乗れるようになる!

ent_mihoみなさん!こんにちは。
母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

 

子どもが本来もっている能力を
どのように引き出すかについては、
いろいろ考えていく必要があります。

s GS137_72A

子どもたちを見ていると、
やはり「継続は力なり」だなぁと、つくづく思います。
学校の勉強はともかく、ピアノや習字などの習い事では、
親に追いつけ追い越せとなり、心から「すごいね」とほめると、
子どももうれしくて、ますます伸びます。

s GS032_72A

たとえば、自転車の乗り方ですと、
補助輪なしでは自転車に乗れない場合としての
バランス感覚を養う方法は、両足がつくくらいまでサドルを下げ、
両足で蹴って進む練習がよいそうです!
ペダルから足を外し、またいだままバランスをとることが
いちばんいいとも教わりました。

自転車の場合ですと、
バランスをとる鉄則を知る事が大事です。
それに、本人に乗る気がないと、なかなか乗れるようにならず、
いかに動機付けしていくかがいちばんの問題でもあります。

s GS036_72A

幼児期は知識欲も豊富で、やる気満々ですが、
小学生になると、やる気を出させる条件が必要になってきます。
いかにやる気を引き出してやるかが、親の腕の見せどころです!