みんなわくわく♪七田のたのしいレッスン風景を見てみよう!

ent_mihoみなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

9月に入りましたが、まだまだ残暑がきびしいですね。

暑い時は、思っているより体力を消耗しているので、
たくさん休息をとりながらお過ごしくださいね!

IMG_3640
先月お伝えしました、七田チャイルドアカデミーの
レッスン風景はいかがでしたでしょうか。

先月の投稿はこちら!

「写真があって、実際のレッスンをイメージできました!」

「うちの子と同じ年齢の子たちのレッスンを見られてよかった!」

など、たくさんのうれしい反響がありました♪

ご意見、ありがとうございました!
他のレッスン中の様子も見てみたいとの
声を多数いただきましたので、
今回も、2歳児クラスのレッス風景をご紹介しますね!


————————————————————————–
それではレッスン開始です!!
————————————————————————–

IMG_3548
ぞうさんのぬいぐるみを使って、
おはなしをしながらイメージトレーニング!

イメージすることで、
右脳が活発に働きます。

 

IMG_3562
上手にできたので、
お母さんとぎゅー!

この時、子どもとお母さんの
しあわせそうな笑顔を見ることができるので、
講師も大好きな瞬間です!

 

IMG_3611
次はひらがなカードを使った取り組み。

ふたつに分かれたカードを、
パズルのようにくっつけて、
ひとつのひらがなを完成させます。

この取り組みで、ひらがなへの
好奇心が強まっていますよ!

 


七田式教育のレッスン風景はいかがでしたか?

子どももお母さまも楽しんでレッスンを受けられるのが、
七田式教育のレッスンの特徴だと思います!
前回もお伝えしていますが、
50分のレッスンの中で、
たくさんの取り組みをしています。

ご紹介しているのは、ほんの一部です。

七田チャイルドアカデミーでは、
体験教室も、随時行っています。

ぜひ、実際のレッスンを体験して、
七田式教育の楽しい取り組みを
体感してくださいね!

体験レッスンについてはコチラ!
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

みんなわくわく♪七田のたのしいレッスン風景を見てみよう!

ent_mihoみなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

8月に入って、ますます暑い日が続きますね!

暑い日が続くと、クーラーをつけっぱなしになってしまいがちですが、
直接肌にあたらないようになど、体が冷えすぎないように工夫してくださいね!

 
何度かお伝えしている、七田チャイルドアカデミーのレッスン風景。

 

「実際のレッスンの雰囲気がわかり、安心して体験レッスンにきました!」

 

「イメージしていたレッスンと、写真の雰囲気がピッタリで、参考になりました!」

 
など、うれしいご意見をいただいております♪
 


教室の様子は?

子どもたちは楽しんでる?

どんな教材を使っているの?


 
などの疑問点は、写真を見ていただくと、
イメージが湧きやすいと思います!

そこで今回は、いつもより写真を多めにして、
2歳児クラスのレッスンの様子をご紹介しますね!

 


————————————————————————–
それではレッスン開始です!!
————————————————————————–

 
IMG_3535

 
レッスンの最初は、ごあいさつからはじまります。

おなまえをよばれると、
みんな元気にごあいさつをしてくれます!

他にも、今日は何月何日や、お天気、陰暦など、
みんなで声を合わせて確認していますよ!

 
IMG_3558

 
この日は七夕が近い日だったので、
お星様のスティックをつかって、
みんなでお星さまごっこです!

 

IMG_3583

 
次は記憶遊びです。

先生が星を並べてパッと見せて隠すので、
その後、記憶を頼りに同じように星を並べます。

この取り組みで、瞬間記憶が鍛えられます!

 

IMG_3640

 
最後にご紹介するのは、100玉そろばん。

10と90で100。
20と80で100。

など、カラフルなそろばんを使い、
遊びながら自然に足し算への興味を促しています。

 


 
今回ご紹介したのは、レッスンのほんの一部です。

50分のレッスンのなかで、次々に新しい取り組みをし、
子どもの集中力を切れさせないように、
取り組みを行っています。

フラッシュカードだけでも、
一回のレッスンで何種類も使っているんですよ!!

七田チャイルドアカデミーでは、
体験教室も、随時行っています。

今回のブログで、

「こんな雰囲気なら、うちの子でも楽しくレッスンできそう!」

と思っていただけましたら、
ぜひお近くの教室で体験レッスンを
受けてみてくださいね!

体験レッスンについてはコチラ!

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

フラッシュカードが大好きになるコツは・・・

teach_yukiこんにちは。
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーの かなです。

ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、「フラッシュカードが大好きになるコツ」
についてお伝えします。

「最近、フラッシュカードをあまり見てくれないのよね」
とお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね!

先日、Mちゃん(2歳の女の子)のママが
「先生、これ見てください!」
とスマホで動画を見せてくださいました。

 

DSC_0129

 

 

 

 

 

DSC_0130

 

 

 

 

 

「立つ/座る」

「動く/止まる」

「笑う/怒る」

を講師がやっているとおりに
言い方や動作をマネをしている様子が
あまりにも可愛らしく、
嬉しくなりました。

また、Mちゃんは「国旗カード」も大好きで
覚えた国旗の名前を教室で発表してくれます。

 

 

DSC_0123

 

 

 

 

 

 

 

「フラッシュカードは高速でめくるもの」

と思われがちですが、それだけではありません。

反対語のように、リズムをつけて、
裏表を繰り返してめくったり。

国旗のように、記憶して再現したり。

様々な使い方ができるのです。

たまに、「フラッシュカードで弊害が・・・」
というような記事をネット上でみかけることがありますが、
それは明らかに取り組み方を間違えているとしか思えません。

・リズムとテンポが悪かったり
・無理に覚えさせようとしていたり

くれぐれも覚えることを第一の目的とせず、
親子でカードを見る時間を楽しむことが目的、

という心構えが大切ですよ。

フラッシュカードを楽しむコツは、
ぜひ教室で体験してみてくださいね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

トランポリンをしすぎると脱腸になる???

teach_yuki

0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです。
ご覧いただき、ありがとうございます。
今日は幼児期の「トランポリン」についてのお話しです。

担当させていただいている男の子(3歳)
のママから相談のお電話がありました。

「ずっと迷っていたトランポリンを購入したのですが、
子どもがうれしそうにずっとピョンピョン跳んでいます。
主人が『脱腸になるのでは?』
と心配していますが、大丈夫でしょうか?」

というご相談でした。

幼児 トランポリン
幼児 トランポリン

 

 

 

 

 

 

「大丈夫ですよ。トランポリンのやりすぎで脱腸になることはありません。
いくらなんでも、幼児が1時間も2時間も飛び続ける体力はありませんし、
限界は、お子さまの身体がわかっています。
弊害を心配されるよりも、まずは好きなだけやらせてみてください。
必ず将来すごく良い影響があらわれますよ。」

とアドバイスさせていただきました。

トランポリンは1歳ごろから七田のプログラムにも取り入れられており、
バランス感覚、調整力、前庭感覚、脳神経の発達を促す取り組みとして
大いにおすすめしています。

トランポリンが「全身運動」なのはよく知られていることですが、
幼児期にしか鍛えることができない「脳幹」も鍛えることができる
ということは意外と知られていません。

「脳幹」とは生命の維持に最も重要な器官であり、
能力全般に大きく関わる神経回路があります。

七田っ子、本田望結ちゃん、本田真凜ちゃんの家には
競技用の大きなトランポリンがあって、0歳のころから
熱心に跳んでいたことは既にご紹介したとおりです。

持ち前の明るさと、
真剣な努力で輝く、小さな銀盤の女王(本田真凜ちゃん)

http://www.shichida.ne.jp/taiken/sonogo/s_001.html
トランポリンは身体を鍛えるだけでなく、脳も育てる
一石二鳥の取り組みですので、大いにおすすめいたします!!

ぜひ、教室で体験してみてください。
大喜びで、跳びはねることは間違いありませんよ!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

集中力を高める「迷路の取り組み」のコツ!①

teach_yuki0歳からの幼児教育 七田チャイルドアカデミーのかなです。

さて、本日は「迷路の取り組み」のコツ その①についてご紹介いたします。

 

迷路の取り組みには2種類あるのをご存知ですか?

①「線の処理」を目的としたもの。(3歳くらいまで)

②「思考」することを目的としたもの。(3歳くらいから)

どちらも、情報を素早く処理する能力、
つまり「集中力」「処理能力」のアップが
メインテーマとなります。

3歳くらいまでは、「線書き迷路」であそびましょう。
スタートからゴールまで、
ていねいに線が描けることを目指します。

(本日のレッスンより)

DSC_0931 (1)11

≪2歳のSちゃん≫

ぐちゃぐちゃに書いちゃったけど・・・
最初はそれでいいんだよ!
ママと一緒になぞってみようね♪

 

02オトコ

≪3歳のNくん≫

枠に沿って書けています。
ひとりで上手にできたね!

線書きが上手にできるためには、
クレヨンでお絵描きあそびを存分にさせることが前提です。

自由な書きなぐりをたくさんしておくと、
鉛筆を持ったときの力の加減も分かってきます。

ルールに則った線書き、
つまり、迷路のゴールにたどり着くまでの
「線」の処理が上手に行えるようになります。

すると、ゴールへ向かう「思考」の素地も、
自然と養われていくのです。

 

迷路の取り組みは「集中力」と「処理能力」を高めます。

コツは2つです。

(1)まずは「線書き迷路」から初めてみましょう。

(2)「線書き迷路」をスムーズに行うためには、
「自由ななぐり書き」をたくさんさせてあげましょう。

3歳からの迷路の取り組みのコツは次回の記事でお伝えしますね。

お読みいただき、ありがとうございました。