耳からの記憶が脳の質を変える?視覚記憶と聴覚記憶の違いとは?

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

いよいよクリスマスまで一週間を切りましたね。
子どもたちもいい子にして、心待ちにしていると思います♪

クリスマスの朝、プレゼントを見つけて喜ぶ顔が楽しみですね!

1 (344)

私たちの記憶には
「耳からの記憶」と「目からの記憶の」
2つの種類があります。

「百聞は一見に如かず」ということわざもある通り
目からのインプットは情報量は多いのですが、
覚える、記憶する、という面で言うと
実は耳からの記憶の方がすぐれています。

今回は、
「耳からの記憶が脳の質を変える?視覚記憶と聴覚記憶の違いとは?」
について、お話いたします。

 


 

例えば七田の教室の小学生のレッスンにおいて
百人一首を覚える時は、
一首につき10回、声に出して読み上げ、
その後みんなで一首ずつ唱和してゆきます。

覚えようとはせず、ひたすら声に出して読ませることで、
自然にすっと覚えてしまいます。

黙ってじっと札を眺めていてもそうはいきません。

このように、耳からの学習方法は
「聞くことで簡単に覚えられる」
子どもたちの学習へのハードルを下げてくれます。

そして、耳から聞いて覚えたものは忘れることも少なく、
長期記憶となっています。

 

どうして耳からの刺激が
自然と能力を引き出してくれるのでしょうか。

それは、お母さんの胎内で子どもが成長する時、
五感の中で最初に発達するのが聴覚であるということが
理由のひとつのようです。

耳からの刺激、
特に無意識状態やリラックスした状態で聞いたものや、
音読によって自分の口で発した音は、
脳の深い場所にある「間脳」に届きます。

目からの情報はこの深い部分には届きません。

耳からの刺激は脳の深い部分に届くため、
目からの刺激よりも効率よく記憶することができるのです。

2014七田チャイルドアカデミー0981
 


 

実際に唱えてみると、
不思議なほど簡単に覚えられることに驚くはずです。

耳からの刺激を上手に取り入れて、
子どもの能力を目覚めさせてあげましょう。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

心を育てる「読み聞かせ」を毎日の習慣に!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

いよいよ12月が始まりましたね。

サンタさんにどんなおもちゃをプレゼントしてもらおうか、
子どもたちはわくわくと考えていることでしょうね!
 
1 (291)

 
絵本の読み聞かせは子どもに良い影響があることは、
みなさんご存知かと思います。

今回は、
絵本読みで心が育つのはどうしてなのか?
習慣化するにはどうすればいいのか?

についてお話しさせていただきます。

 


 

————————————
●愛情が伝わるから心が育つ
————————————

小さなころから、
おうちの方がお子さまに読み聞かせをしてあげると、
読解力や豊かな感性が育つだけでなく、
親から子への愛情も伝わります。

 
日々忙しくて
なかなか子どもの相手をしてあげられなくても
寝る前の10分〜20分の間、
読み聞かせをしてあげることは、
効果的なコミュニケーションとなります。

読み聞かせの間は
絵本と子どもに集中することになるので、
「自分のために読んでくれている」と、
子どもは愛されていること、
大切にされていることが実感できます。

いつも聞いている親の声は、
子どもに安らぎを与えます。

このことは、
子どもの心の成長にとても大切なので、
ぜひ読み聞かせを習慣にしてあげてください。

——————————————-
●読み聞かせを習慣にするためには
——————————————-

絵本に対する興味を育てるには、
子どもの手の届くところに絵本を置き、
いつでも自由に読めるようにしたり、
一緒に図書館に出かけ、
読む本を自分で選ばせるといいでしょう。

お子さまを読書好きにするためには、
文字が読めるようになってからも、
小学校3年生くらいまでは1日20分程度、
読み聞かせをしてあげるのがおすすめです。

そうすることで、
自ら本を読み、
学ぶ姿勢のある子どもに育ちます。

 
P14-02124
 


 
ぜひ読み聞かせを習慣にしてあげてください。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

おすすめの小学校入学準備とは?

ent_mihoみなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

5月1日からクールビズもはじまり、半袖の方も増えましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お子さまの体調には、お気をつけくださいね!

 
年長さんのお子さまのいらっしゃるご家庭では、来年の今頃は小学生なのかと
思われる方もいらっしゃるのでは?

どんな先生に習うのか、どんなお友達ができるかなとワクワクドキドキ空想されていると思います。

 
ところで、小学校の入学の準備はお考えでしょうか?

「まだまだ先だし、ギリギリになってからでも大丈夫!」
「小学校に入ったら、先生がいろいろ教えてくれるし、うちでは何もしなくていいいのでは?」

いえいえ、今から始めたほうがいいことがあります。

 
学習用品の準備は、入学が近づいてからでも大丈夫ですが、生活習慣、
着替えのことやトイレなどは、いきなり始めても、入学に間に合わない場合もありますよ!

そこで今回は、おすすめの小学校入学準備をご紹介しますね!

 

レッスン風景

 
小学校では、入学が近づくと、入学前の説明会や体験などを用意してくれていますね。

そこでは、学習用品の準備、生活習慣、着替えのことやトイレについてなどのお話もあると思います。

ただ、いきなり言われても、子どもも今までやったことがないことだと、
混乱してしまいますし、お母さまも一度に聞くので「あれもこれも」と
焦ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

落ち着いて頭の中を整理するとそれほど大変なことではありません。

なので、今から始めるのがおすすめです。

 
まず学校から言われることで多いのが、体験したことがない和式のトイレ。

今では和式トイレの使い方の絵本まであるくらいです。

まだまだ和式が多い小学校がたくさんあります。

ですので、こういったことは一度は体験しておきましょう。

   
次に、幼稚園の時と違って、自分で考え判断して行動したり、
先生やお友だちに伝えたりしなくてはいけません。

そこで普段から大切なのが挨拶です。

 
まだまだ高学年のお兄ちゃんたちのようにサッサと行動することができません。

失敗したり、お友達を待たせたり、助けられたりします。

そういう時に、「助けてくれてありがとう」「待たせてごめんね」が言えるととても良いですよね!

それから、「はい!」と手を挙げて言えると、続けて「○○したいです」と言えるようになります。

だから挨拶は大事なのです。

 
また、お友達を誘ってあげる言葉を使えることも大切ですね!

「一緒に○○しよう!」「○○ちゃんもおいでよ!」と声をかけてあげることも教えてあげましょう。

案外一人でモジモジしてしまって何も言えずにいるお子さまもいらっしゃるみたいですよ。

 
他には、「○時間目の休み時間には○○しておこう」とか、ランドセルや机の中の整理整頓が
できるなどというのは、自分の持ち物や時間を管理できるということですね。

これらは、生活の中でできることです。

学校から配られるプリントもB4サイズの大きいものがよくあるそうです。

きれいにプリントを折って片付けられる、教科書や筆入れをサッと出せる、
お着替えがあったら身だしなみを整えなおすことができるなど、
親は手を出し過ぎない程度にみておいてあげましょう。

お友達同士でゲームのようにして「どうやったら素早くきれいに物が出せるか、
片付けられるか」と創意工夫して競い合うのも楽しいものです。

こうしている間にできるようになります。

レッスン風景

 
このように整理してみると、小学校入学だからではなく、毎日の生活の中で
できる年齢になっているということ。

小学校生活では、「○○を勉強したい、学びたい!」と目標を持って入ることが大事です。

七田っ子は文字書きや計算もできると思いますが、それができる分、
お友達を助けたり、自分でも目標を持って学ぶ姿勢を持ち続けながら
ステキなお友達をたくさん作ってほしいと思います。

 
今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

七田の卒業生 本田真凜ちゃんが、ショートプログラム3位発進!

editor_tam0歳からの幼児教室
七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

さて本日は七田の卒業生、
本田真凜ちゃんの活躍についてご紹介いたします。
12/11のYahoo!ニュースでその活躍をご存知の方も多いと思います。

——————————————————————-

【フィギュア】本田望結の姉・真凜、自己ベストでSP3位発進

——————————————————————-

真凜ちゃんは、七田のリアルキャラクター本田望結ちゃんの姉であり、
年少前から小学3年生まで七田に通った卒業生です。

当時、レッスンを担当されていた先生によると
真凜ちゃんは、七田の取り組みをとても楽しんでいたそうです。

暗唱の取り組みが得意で、教室でもよく発表してくれました。
今でも強く印象に残っているのは、人間学の紙芝居です。
幕末の吉田松陰や明治時代の乃木希典など、
国のために命を捧げた偉人の話をするとき、

彼女の目にはいつも涙があふれ出ていました。
その純粋な涙を見て、私は彼女の魂の尊さ、
美しさを感じずにはいられませんでした・・・。

 

marinimg_02-2

marinimg_03

marin3img_06

くわしくは、こちらのページをご覧ください。

■七田っ子の活躍 本田真凜ちゃん

今後も2人の活躍から目が離せません。

これからも七田チャイルドアカデミーは
本田望結ちゃん、真凜ちゃんを応援していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。