高松教室 各コースの魅力をご紹介!

ent_miho
こんにちは!母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

今回は、高松教室の各コースの魅力をお伝えします!

高松教室は、レッスン中も、子どもたちの明るい笑い声がたえないすてきな教室です!

そんな高松教室の各コースの魅力を、ママ便りからご紹介します。

七田高松2 七田高松3

英語コース
『アルファベットや英文を「教える」のではなく、自然に書けるようになっていました。
暗唱が何よりありがたいです。クラスの皆がしているので、抵抗なくすんなり練習するようになり、
暗唱の量・数が増えてきてから、英語のレッスン内容も、よく理解できてきたと思います。』

小学生コース
『作文を書く力や、登場人物の気持ちを読み取る力がついてきていると思います。
自分自身で自由に考えを発表できたり、学校の勉強とは違った頭の使い方ができるのが魅力です。』

幼児コース
『「学習」が楽しい雰囲気の中で遊びながら身についてくる感じがします。
毎回レッスンの始めにする、ひとりひとりのあいさつは、人前で自分の名前を言ったり、
思ったことを発表する練習になり、自然と(いつのまにか)もじもじせず言えるようになりました。』

七田リサイズ4.17

すべてのコース共通で、自然と学びが身についている事を実感されているようですね。

無理強いすることなく、子どもたちも楽しみながら取り組みをおこなっているので、
ストレスなく学びが身についている事と思います。

高松教室では、体験レッスンは随時行っておりますので、ぜひ教室にいらして体感してくださいね。

岐阜教室のイベントをご紹介!

ent_miho
こんにちは!母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

今回は、岐阜教室のイベントをご紹介しますね!

「かみさまとのやくそく」上映会&荻久保監督トークショー

6/14(日)13:00から、全国で大好評のドキュメンタリー映画、
「かみさまとのやくそく」上映会&荻久保監督トークショーが行われるそうです。

赤ちゃん連れのママも、大歓迎だそうですよ!

七田ブログ5月22日

6月14日(日)
12:30 受付
13:00 上映開始
15:00 荻久保監督トークショー
16:00 終了予定

<会場> じゅうろくプラザ5F中会議室
<料金> 大人 1,500円
      こども 500円

胎内記憶と子育ての実践、インナーチャイルドをテーマにしたドキュメンタリー映画だそうです。

胎内記憶とは?

お母さんのお腹の中にいたときの記憶や、その前の記憶のこと。
主に2~4才の子どもたちが話すと言われています。

インナーチャイルドとは?

内なる子ども。心の深奥部に潜み、幼児期の体験によって
傷つけられたり抑圧されたりしている、真の自己のこと。

音楽やナレーションを使わず、出演者たちの会話のやりとりとインタビュー、
シーンのキーワードテロップのみで編集された映画だそうです。

『観客ひとりひとりが、身近な子どもたちとのつながり方を考える時間を共有してほしい』

そんな思いで作られた映画だそうですよ。

これから出産を迎えるママも、子育て真っ最中のママも、
胎内記憶や、インナーチャイルドのことをあまりよく知らない方も、
知っている方も、ご自分の大切な何かを感じとっていただける映画のようなので、
お時間のある方は、ぜひご覧くださいね。

申込、お問い合わせは、七田チャイルドアカデミー岐阜教室まで。
0120-410-881

札幌教室の取り組み「ESPチャレンジ」をご紹介します!

ent_mihoみなさん!こんにちは。
母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

今回は、札幌教室の取り組みをご紹介しますね!

『ESPチャレンジ』

札幌教室では、4月から『ESPチャレンジ』という取り組みが始まりました。

ESPとは右脳にある、五感を使わなくてもイメージとして感じとる感覚のことで、
そのセンスを磨くことでひらめき力や直感力を活性化されるそうです。

七田チャイルドアカデミーでは、「当てっこ遊び」や「どっち遊び」などの
お遊び感覚のトレーニングで、ESPのセンスを遊びながら磨く取り組みをしています。

札幌教室では、3つのたまご形ケースを用意して、どれかひとつだけに赤いひよこを入れて、
それがどれに入っているのかを当てる遊びで、センスを磨いています。

そして、教室の玄関にある下駄箱の上には、レッスンで使うたまごよりも
大きなたまごが3つ並んでいます。

七田リサイズ4.14

教室に遊びに来た時に、下駄箱の上のたまごで遊べるようにしているそうです。

七田理リサイズ4.14-2

ESPは、直感も大事だそうです。第三の目が教えてくれるから、頭で考えなくても大丈夫だそうですよ!
ぜひ教室に遊びに来て、赤いひよこを見つけてくださいね!

そんな素敵な取り組みをしている札幌教室のブログはこちら

教えて!校長先生≪第11回≫

ent_mihoみなさん!こんにちは。
母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

七田の田上校長先生がママたちの子育ての疑問や悩みなどにお答えする、
「教えて!校長先生」のコーナーをご紹介します!

校長先生11
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆
■教えて!校長先生■

Q:「カタカナがなかなか身につきません。覚えても使う時が少ないので、読めてもすべては書けません。
皆さんどうしているでしょうか?」

A:遊びの中でも取り入れて、文字の成り立ちのおもしろさも知りましょう!

 

ひらがなを覚えたら、それをカタカナに置き換えて見ていく遊びを十分にしましょう。
もじカルタやカタカナえほんなどの教材もあります。

ひらがなの「あ」とカタカナの「ア」をマッチングする遊びから、言葉のマッチング遊びへと続けてしましょう。
カタカナも十分な入力が必要です。

文字を「すんなり書ける」というところまでなるには、ひらがなでもカタカナでも漢字でも、
やはり書いて身についていきますね。

 

それと合わせて、イメージで「カタカナの文字の成り立ち」もイメージさせてあげるといいですよ。

まず、ひらがな(平仮名)は漢字から簡略化されていますね。そしてカタカナ(片仮名)は
漢字の字体の一部をくずしたものが多くなっています。

カタカナを覚えさせるというよりも、これを機会に「文字の成り立ち」を見ていくというのも
子どもにとってはおもしろい発見です。(例えば、「エ」は漢字の「江」のつくりの方etc.)

 

そして、その漢字から一画、一画が消えていく様子をイメージすると、どうでしょう?
漢字をマジックの太文字で書いて切り抜き、抜けていく様子を実際に見せてあげましょう。

こういう楽しいお遊びから、文字への興味がふくらみ、カタカナだけでなく、漢字にまで、
そしていずれは漢字博士へとなるかもしれません。

漢字が読めないからではなく、見せてあげることが大切な働きかけになります。
ぜひ、してみてくださいね。

 

あとは、書くことが大事です。一文字ずつ書いてきたら、今度は「ア行」「カ行」と少しずつ
書く量を増やしていきます。

ひらがな50音と並べて書いたりすると、似ているところを発見して「おもしろい!」ということにも。

カタカナ表記のものを、食べ物シリーズ、乗り物・オモチャ・衣類・・・などに分けて、家の中にあるものを
出して見せながら書いていくということもできますね。

 

また、明治時代はまだ漢字とカタカナが主流でした。そんな文字の歴史もプチ情報として入れながら、
目に付くものをカタカナで書いてみるというお遊びもできます。

そうしていると、カタカナ表記のものを区別していくこともできます。
「ひらがな表記のものもカタカナに変えると?」など、見たり書いたりして遊ぶのも一つです。

 

書きたい時に鉛筆がなくても普段書いていれば、空中にイメージで書いたり、手の平に書いてみたりも
できますね。

外に出かけた時に、座っていられる場所でそんな時間を過ごしてみるのも、上手な時間の使い方が
身につけられる一つの方法でもありますよ。

パパママも一緒に、親子の交換日記をして、家族のことも知ることができつつ、文字添削もできるなどの
方法もありますよ。

わが家ではどんなことができるか、楽しみながら取り組める方法を考えてみるのもイイですね!

☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆:*:★:*:☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

作文作りにチャレンジ!

ent_miho
こんにちは!母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

作文は苦手という方も多いと思いますが、七田の『もじ』の取り組みをしていると、作文も楽しんで書くようになります。

年長・年中さんのお子さまでも、絵日記を楽しんでいる書いてるお子さまがたくさんいますよ!

20131125_2

絵日記を書く時は、まずは絵を描くところから始めます。文字がスラスラ書けなくても大丈夫!
その日印象に残ったことを一つ選んで、絵に描いてみましょう。

次に、文字を書きますが、ママが書いてあげた点線文字だと、書きやすくて、次第に自身を持って
書けるようになるので、オススメです。内容は、「○○が○○した」で十分です。

書く事に慣れてきたら、一緒に文章を作りましょう。「今日は何を書く?」と、テーマを一つに
絞って、書けることを聞きだし、まとめるのはママがしてあげてくださいね。

文章を作るときに、書き出しに一工夫すると、よりよいですよ。「わたしは」「ぼくは」ではない
書き始めにしましょう。たとえば「あ」から始めて「あるいていると・・・」など。

GS172_72A

最初から文章は上手には書けないものなので、お子さまと書くことを楽しみながら取り組んでくださいね。

毎日でなくてもいいですが、続けることが大切です。

母の日に七田っ子から届いたママへの詩

ent_miho
こんにちは!母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

昨日は母の日でしたね!

七田っ子からママにむけて、こんな手紙が届きました!

*:・’゜☆。,:*:・’゜☆゜’・:*:,。,:*:・’゜:*:・’゜☆。,:*:・’

anonehaha

あのね はは
ぽーちゃん どうして うまれてきたのか
しってる
ぽーちゃんは ははにあいたくて
うまれてきたの
ははのにおい おぼえてたよ

いつも だいどころの しいたけの だしの いいにおい
ぽかぽか たいようの せんたくのにおい
ぽーちゃんの だいすきなところだったよ
ぽーちゃんは アトピーでくるしいとき
はははいっしょうけんめい おくすりをつくって
なおしてくれたよね

ミルクも げんまいからつくってくれたね
ほんとうは おっぱいがほしかったよ
でも ぽーちゃんの からだには これがいちばん
とうふにキャベツ
これが ぽーちゃんのくすり
だれもしらない まほうのくすり
ぽーちゃんは ははがいっしょうけんめい
そだててくれて おおきくなったよ

きょうでわたしは6さい
みんな わたしを まもってくれて
ありがとう

*:・’゜☆。,:*:・’゜☆゜’・:*:,。,:*:・’゜:*:・’゜☆。,:*:・’

心の底から湧き出た素敵な言葉は、
なにものにも変えられない最高のおくりものです。

「ありがとう」の言葉の奥には
それぞれの感謝の気持ちが込められており、同じものはひとつとしてありません。

「ありがとう」はキラキラと記憶の中にずっと残っていくことでしょう。

かずってどう取り組むの?

ent_miho
こんにちは!母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

小さなお子さまのいるご家庭では、子どもと数のお勉強をする時、
どうされていますか?

七田チャイルドアカデミーでは、量や数字などをたくさん入力、
実物でも見たり触ったりするところから始まります。

数字はフラッシュカードで見せるのもひとつですし、かずあそびやすうじチャート、
他にも、生活の中での数字を探して、見せたりするのもいいですね。

たとえば、カレンダーや時計の文字盤など、家の中にある数字を
遊びながら探すと、子どもも楽しみながら、かずに取り組めます。

また、量については、たとえば、瓶に入ったビー玉や、お皿にのったイチゴなど
実際に触って体感させてあげます。

かずを数える時は、テンポよく一気に言ってあげてくださいね。

七田リサイズ5.1-2

このほかにも、数字と量を対応させたり、かずの成り立ちをみてみたり。
遊びながら数字を自然に吸収できると、数字が大好きになってくれると思います。

右脳の能力を生かしながら、基礎となるたくさんの情報を入力できると、
次へ進んでもつまずくことが少なくなると思います。

七田リサイズ5.1

何事もそうですが、わからせようとすると楽しくないので、
もしほかの事に興味がうつったら、そちらをさせてあげてくださいね。

無理やりは、やらせないでくださいね。

天王寺教室 各コースの魅力をご紹介!

ent_mihoみなさん!こんにちは。
母と子の幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

今回は、天王寺教室の各コースの魅力をお伝えします!
天王寺教室は、いつも子どもたちの歌い声や笑い声でにぎわっています。

そんな天王寺教室の各コースの魅力を、ママ便りからご紹介します。

天王寺アンケート用2 天王寺アンケート用1

幼児コース
『歌で世界地図を覚えたり、カレンダーや曜日を記憶させていくので、毎回とっても楽しそうに学んでいます。先生も、一人ひとりに合わせてあきないように声かけしてくださるので、アップテンポで数多くの学びの機会を作っていただけて感謝しています。』

英語コース
『子どもの個性を尊重してくださり、その子に合ったペースでレッスンを進めてもらえるところ。一人ひとりのケア。声かけがきめ細やか。子どもだけでなく、母親に対しても同様で、特に子育てが大変な時は、すばらしい癒しスポットです。』

目の学校コース
『わがことのように、子どもの成長を喜んでくださり、熱心に指導していただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。』

幼児教育

お二人とも書かれていますが、七田の取り組みは、一人ひとりに合わせて進むので、
お子さまも自分の好きなペースで学ぶことができます。

体験レッスンは随時行っておりますので、ぜひ教室にいらして体感してくださいね。

天王寺教室のブログはこちら