速読にチャレンジ!

ent_miho
こんにちは!0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

七田チャイルドアカデミーでは、取り組みのひとつとして、速読をしています!

「速読」は、特別なトレーニングを繰り返さないとできないものと思われがちですが、
七田チャイルドアカデミーに通っている子どもたちは、自然にできてしまいます。

今回は、幼児にもできる「速読」をご紹介しますね!

 

七田ブログ写真1

七田のレッスンでは、実は「速読」につながっているものがたくさんあります。

直感像遊び・フラッシュカード・絵本読みや、その他の取り組みで、
一目で全体をとらえるトレーニングができています。

イメージ記憶ができるようになっているので、イメージの中で
もう一度鮮明に思い出して見る事ことができ、
それが「速読」のトレーニングにもなっています。

ですので、「速読」には、まず右脳のトレーニングを習慣化させてくださいね!

もちろん、楽しく遊びながら、習慣化させてあげてください。

 

実際に「速読」をする場合、まずは文字数の少ない、
簡単な絵本から始めましょう。

赤ちゃんの頃に読んでいた絵本が、ちょうどいいかと思います。

 

ますは、目を閉じて深呼吸。心を落ち着けて、右脳のスイッチをオンにしてくださいね。

次に、イメージトレーニングです。「速読」をして、内容を全部書き出しましょう。
イメージをしてください。「できた!」をイメージするのが大切です。

では、いよいよ「速読」です!実際に目をあけて、絵本をみます。
1分間、何度も繰り返して見てくださいね。絵本は、パッパッとめくってくださいね。

次は、絵本の内容を書き出していきましょう。
思い出す言葉を、どんどん書き出してくださいね。

書き出しが終わったら、絵本と見比べてみましょう。

どれだけの言葉を書き出せたか?順番はどうだったか?など。

同じ絵本で何度も繰り返すと、書き出しも簡単・完璧になってきますよ!
ほかの絵本も試しながら、文字数を増やしていってくださいね。

 

七田リサイズ5-7

 

「速読」につなげるには、右脳の取り組みも大事ですし、日頃の親子の会話や
言葉かけも、取り組みと同じように大切なものです。

お父さん・お母さんも一緒に、「速読」を楽しみながら、上手にできたら
たくさんほめてあげてくださいね。

子どもは、お父さん・お母さんが楽しくしていると、楽しさが倍増しますし、
ほめられると、とてもうれしくなって、どんどんやる気も湧いてきますから。

知育の取組み(左脳教育)の大切さ

ent_miho
こんにちは!0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

七田チャイルドアカデミーでは右脳の取り組みのイメージが
強いかと思われますが、左脳の取り組みもあります。

今回は、知育の取り組み、「左脳教育」の大切さをご紹介しますね!
 
七田写真リサイズ6

 

左脳は、右脳と左脳を統一する脳、認知脳、表現脳です。

いくら右脳の働きが良くても、言語脳である左脳の働きが
悪ければ、言葉が出なかったり、文字が読めなかったり、
言葉を使って考えることができません。

また、左脳は分析や論理性を司ります。

頭は、右脳と左脳がバランス良く働いてこそ、良い働きをするのです。

右脳も左脳も、よく発達する時期は、0~6歳の幼児期です。

幼児期に文字を教えてはいけない、知的な取り組みをしてはいけない、
という考えの方も、いらっしゃると思います。

ですが、そのような思いにとりつかれていると、左脳の発達に支障をきたし、
学校に上がってから、学習がうまく進まない子どもを育てることになります。

幼児教室

学校に上がってから、学習がうまく進まないと、勉強に対しての
興味も失いがちになってしまい、せっかく右脳を鍛えているのに、
もったいないことになってしまうかも知れません。

七田チャイルドアカデミーの左脳の取り組みは、右脳の取り組みと同じく、
遊びながらトレーニングできるので、右脳だけではなく、
左脳も鍛えてあげてくださいね!

ママの声をご紹介!

ent_mihoみなさん!こんにちは。
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

今回は幼児(0~3歳)コースに通われているママの声をご紹介しますね!

150521_成果集最終_ページ_13

小さな成功が大きな成長に!

『七田式教育を知り、褒めること、愛することを意識するようになりました。
子どもが何かを達成した時は、キチンと褒めるようにしています。
子どもは喜んで、いろいろなことを進んで行うようになりました。』

お子さまへのゆとりが家庭のゆとりに!

『私自身、子どもを意識的に褒めるようになってから変化があった気がします。
頭をなでたり声をかけたりすることで、気持ちに落ち着きが出てきました。』

同い年の子どもたちが刺激に!

『教室で月齢の近いお友だちと会う事が、子どもにとってよい刺激になっています。
お友だちと比べて、何に興味を示しているのかが分かりやすく、
子どもに合う勉強法が見つけやすいのも嬉しいです。』

af9920053921

褒めること、愛することを意識することで、
お子さまだけでなくお母さま、ご家庭にまでいい効果が生まれるようになるんです。

また、たくさんのお友だちとふれあうことで、
お子さまの長所がどこなのかを知ることができるのも教室の大切なポイントです。

各教室では、体験教室も行っていますので、ぜひお気軽に教室にきて、体感してくださいね。

カードフラッシュの大切さ

ent_miho
こんにちは!0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

みなさんの中で、七田チャイルドアカデミーとは?と言えば
フラッシュカードのイメージが大きいのではないでしょうか。

今回は、フラッシュカードの大切さをご紹介しますね!
七田リサイズ5-3

フラッシュカードと言えば、

「子どもの目の前でめくっていく。それを覚えさせる」

だけだとお考えの方が多いと思いますが、フラッシュカードの役割は
それだけにとどまりません。

子どもにさまざまなカードをフラッシュして見せることで、
知識が増え、実物を見たときに、大きな感動を与えます。

たとえば、動物のカードをフラッシュして見せると、
前もってすべての動物を知っているので、実際に動物園に
行った時、実物に触れて大きな感動を得ることができるのです。

名画を多く見せていると、美術館に行っても、知っている絵画が
飾られているので、関心を持って見るようになります。

名画を見たこともなく、何も知らない子どもたちは、
ろくに絵を見ようともせず、走り回るだけです。

七田リサイズ5-5

音楽なども、同じことが言えます。

小さい頃から名曲を聴いて育った子どもは、コンサートに行っても
名曲に聴き入ることができます。

大人でも、名画をあまり見たことがなく、名曲も聴く機会がないと、
美術展もコンサートも関心を示さないと思います。

小さな頃から、たくさんのいいものに触れさせてあげて、
大きな感動をたくさん与えてあげてくださいね。

岐阜教室 Yくんの俳句をご紹介!

「岐阜教室 Yくんの俳句をご紹介!」

ent_mihoみなさん!こんにちは。

0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。
今回は岐阜教室の様子をご紹介しますね!

岐阜教室のYくんは、俳句がとても上手なのだそうです!

t02200293_0800106713414440833

なんと、お父さんと一緒にすてきな本を作り、
そこに毎週すばらしい作品を書いてきてくれるのだとか。
ひとつの物事に集中できる力、すごいですね!

先生それをよむ度、感性の素晴らしさに本当に驚いているそうです。

今回、Yくんがあるイベントで俳句を応募したところ、なんと入賞!!
入賞者に贈られる提灯を教室に持ってきてくれたそうです。
これは、パパママも、先生も、お友だちもうれしいですよね。

t02200165_0800060013414451368

Yくんのキラキラした笑顔、最高にかっこいいですね!

最後は、秋から一人レッスンになり、
お父さんとの最後のレッスンを終えてのY君の一句でしめたいと思います。

「パパとゆく さいごの七田 なつおわる」

そんな素敵な取り組みをしている岐阜教室のブログはこちら

直感像遊びをやってみよう!

ent_miho
こんにちは!0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

七田チャイルドアカデミーでは、「直感像遊び」という取り組みをしています!

「直感像遊び」と言っても、ピンと来ない方が多いと思います。

今回は、「直感像遊び」の取り組みをご紹介しますね!

七田リサイズ6

「直感像遊び」は、パッと一目で全体的にとらえることです。

直感を鍛えることで、今見たものが一瞬で記憶され、イメージとなって
いつでも見ることができるようになるのです。

お家で直感遊びをする場合は、ちょっとしたゲーム感覚で取り組んでみましょう。

まずは、家の中に2つ以上あるものを探しましょう。

食べ物やおもちゃ、文房具や教材など、なんでも大丈夫です。

たとえば食べ物だと、色んな果物を用意して、紙でかくして、パッと見せます。

そして、「何が何個あったかな?」とクイズ形式で問題を出します。

他にも、お皿に盛り付けたお料理をパッと見せて、「同じように取り分けてね」と、
お手伝いをしながらでも、直感遊びができちゃいます!

他にも、積み木を最初にママが積み上げて、パッと見せて、
「同じように積んでみてね」と言ってみたり。

同じものが2つなくても、問題ように物を並べたら、スマホなどで写真を撮り、
バラバラにして、子どもが再現したら、一緒に写真を見て確認したり。

af0190027000 s

遊びながら、記憶力のトレーニングになるので、みんなでクイズ大会をしながら、直感遊びをするのもいいですね!

家族みんなで直感像遊びをすると、きっと盛り上がると思いますよ!ぜひやってみてくださいね!

ママの声をご紹介!

「ママの声をご紹介!」

ent_mihoみなさん!こんにちは。

0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。
今回はハッピーベビーコースに通われていたママの声をご紹介しますね!

150521_成果集最終

自主性のあるお子さまに!

『簡単なお手伝い、例えば洗濯物を干す時や、衣類を引き出しにおかたづけの時、
ゴミ捨てや拭き掃除などはお願いをしなくても手伝ってくれます!』

『教室で習った歌や手遊び、あいうえお絵本、カレンダーの指差し確認などは、
家に戻っても取り組んでいます。』

「自発的に行動する」のはいい傾向ですね!
これからもお子さまの自主性を伸ばしていきましょう!

ママ自身にも変化が!

『お手伝いだけでなく、他の部分でもわが子のよいところを見つけられるようになり、
自分自身も嬉しく感じられるようになりました。毎日ポジティブな気持ちで過ごせています。』

『言葉でのコミュニケーションも、少しずつとられるようになってきました。』

2576700

この時期は日々の成長が実感できて、喜びと驚きの毎日ですよね。
ママが喜ぶと、お子さまも嬉しくなって、
どんどんいろんな行動をするようになります。

自主性を養うことも七田式教育には欠かせないこと、
これからもいろんなことにチャレンジしてみましょう!

各教室では、体験教室も行っていますので、ぜひお気軽に教室にきて、体感してくださいね。

ペグ法で楽しく記憶力アップ!

ent_miho
こんにちは!0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

 

みなさん、記憶力の日本選手権があるのをご存知ですか?
記憶力を競う大会で、世界記憶力選手権も開催されています。

世界選手権には、日本からも出場されていて、健闘されているそうですよ!

出場されている方が、記憶力アップのためにされているトレーニングのひとつに、
ペグ法を紹介されていました。

 

七田チャイルドアカデミーでも、遊びながら記憶力をアップする取り組みでペグ法を使っています。

ペグ法・リンク法など他にも記憶の取り組みはあるのですが、今回はペグ法をご紹介しますね!

七田リサイズ5-4

世界で戦う方もトレーニングに使われているペグ法。

その方法ですが、まずは基本となるペグワードを決めます。

 

01ワイシャツ・02おに・03豆 など、数字に対してのキーワードを決めます。

教室の取り組みでは、100のペグワードを覚えています。

 

次に、ペグワードに、覚えたいものを引っ掛けてお話をつくります。

たとえば、キリン・りんご・プール・恐竜・猫・くしゃみ を覚える時は、

 

01ワイシャツを着た キリンが りんごを食べた

02おにが プールで 恐竜と遊んだ

03豆を食べた 猫が くしゃみをした

のように、お話をつくって覚えていきます。

 

ペグ法で暗記すると、「○番目に覚えたものの○つめ」が、すぐにわかるようになります。

七田リサイズ5-3

他にも、自分でペグワードを作って覚えておくと、活用しやすいので、ぜひ試してくださいね。

ぜひ親子で楽しいお話をたくさん作って、遊びながら記憶力をアップさせてあげてくださいね!