親の言葉がけで能力を引き出す!七田ママの言葉がけは?

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

12月に入り、街はクリスマスムードが高まり、
イルミネーションも華やかになってきましたね!

イルミネーション見学に行かれる際は、
温かい服装でおでかけくださいね。

056

子どもに「ダメ!」「~しなさい」など、
否定的な言葉をかけていませんか?

ついついかけてしまう否定的な言葉に、
子どもは自分自身が否定されたと思ってしまいます。

このような言葉を意識的にかけないようにし、
「前向きな言葉」「褒める言葉」「愛情を示す言葉」
をかけることで、子どもが前向きになり能力を伸ばすことができます。

七田チャイルドアカデミーでは、お母さまに
「認めて ほめて 愛して」
を基本に言葉をかけていたたくようにお伝えしいます。

今回は、七田ママたちは子どもに、
どのような言葉がけをしているのかをご紹介しますね!
 


 
「がんばったね」
「いいね」
「できたね」

何かができたときに、結果をほめるよりも
そこにたどりつくまでの過程をほめた方が、
また頑張ろうとやる気になってくれます。

 
「ありがとう」
「大好き」
「とってもうれしい」

愛情たっぷりの言葉をかけてあげることで、
愛されていることを自覚して
心が安定して豊かな大人に育ちます。

 
「大丈夫!きっとできるよ!」
「できるよ。やってみてごらん」

子どもは無限の可能性を持っています。
集中して取り組んでいることはそっと見守り、
できると信じてあげることが大切です。

IMG_8892
 


 
親から日常的かけられている言葉は、
無意識のうちに子どもに刻まれていきます。

親の口ぐせは子どもに影響を与えますので、
常にポジティブな言葉をかけてあげることが大切ですね。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!