12/21(水)よる7:00~『魔法のレストランR」取材放映のお知らせ

こんにちは!

0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです。

今日は、久しぶりにテレビ取材放映のお知らせです。

関西ローカル放映となりますが、ぜひご覧ください。

————————————————————-
●日時:12月21日(水)よる7時~

●番組名:『魔法のレストランR』(毎日放送:関西ローカル)

取材テーマ:【子育てメシ:七田式】
1)ロザン:宇治原さんと記憶力対決!
2)スーパーキッズの晩ごはんを取材!

●放映内容 ※番組ホームページより

かしこ芸人:ロザンが有名人や東大、京大生を多く輩出する幼児教室
「七田チャイルドアカデミー」へ潜入!

おやつはなんと干し芋!?

教育だけでなく、食育にも力をいれている理由に迫ります。

そして、スーパーキッズの自宅を訪問!

宇治原との記憶力対決や
お母様の家庭で簡単食育レシピは必見!
————————————————————-

 

魔法のレストランR

※写真は取材当日の様子です。

七田の『記憶力』や『食育』の取り組みについての取材放映です。

天王寺教室の様子が2~3分。

ご自宅での晩ごはんの様子が約12分。
合計で約15分ほど放映される予定です。

ぜひ、ご覧ください!

録画予約もお忘れなく!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

耳からの記憶が脳の質を変える?視覚記憶と聴覚記憶の違いとは?

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

いよいよクリスマスまで一週間を切りましたね。
子どもたちもいい子にして、心待ちにしていると思います♪

クリスマスの朝、プレゼントを見つけて喜ぶ顔が楽しみですね!

1 (344)

私たちの記憶には
「耳からの記憶」と「目からの記憶の」
2つの種類があります。

「百聞は一見に如かず」ということわざもある通り
目からのインプットは情報量は多いのですが、
覚える、記憶する、という面で言うと
実は耳からの記憶の方がすぐれています。

今回は、
「耳からの記憶が脳の質を変える?視覚記憶と聴覚記憶の違いとは?」
について、お話いたします。

 


 

例えば七田の教室の小学生のレッスンにおいて
百人一首を覚える時は、
一首につき10回、声に出して読み上げ、
その後みんなで一首ずつ唱和してゆきます。

覚えようとはせず、ひたすら声に出して読ませることで、
自然にすっと覚えてしまいます。

黙ってじっと札を眺めていてもそうはいきません。

このように、耳からの学習方法は
「聞くことで簡単に覚えられる」
子どもたちの学習へのハードルを下げてくれます。

そして、耳から聞いて覚えたものは忘れることも少なく、
長期記憶となっています。

 

どうして耳からの刺激が
自然と能力を引き出してくれるのでしょうか。

それは、お母さんの胎内で子どもが成長する時、
五感の中で最初に発達するのが聴覚であるということが
理由のひとつのようです。

耳からの刺激、
特に無意識状態やリラックスした状態で聞いたものや、
音読によって自分の口で発した音は、
脳の深い場所にある「間脳」に届きます。

目からの情報はこの深い部分には届きません。

耳からの刺激は脳の深い部分に届くため、
目からの刺激よりも効率よく記憶することができるのです。

2014七田チャイルドアカデミー0981
 


 

実際に唱えてみると、
不思議なほど簡単に覚えられることに驚くはずです。

耳からの刺激を上手に取り入れて、
子どもの能力を目覚めさせてあげましょう。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!