子育ては完璧じゃなくて大丈夫です! 理想を求めず、親子でにこにこ過ごす子育てをしましょう!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!
冷え込む日々が続きますね!

寒い朝は、ストーブにあたるよりも
暖かい飲み物を身体に入れた方が早くあたたまりますね。

 


初めての子育てはわからないことばかりで、
何が正解なのか、自分のやり方で正しいのかと
日々悩んでいる親御さんは多いと思います。

自分の中の「母親とはこうあるべき」という理想と比べて
うまくいかない育児に苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。
本日は、「子育ては完璧じゃなくて大丈夫です!
理想を求めず、親子でにこにこ過ごす子育てをしましょう!」

についてお話します。

 

-------------------

 

「手間ひまかけて苦労することが愛情」
「子育ては大変なものでその苦しみに耐えてこその愛」
という思い込みに捕われていませんか?

もちろん、育児の手間をかけること自体が楽しくて、
自分が好きでやっているのならいいことです。
でも、自分のご飯すら座ってゆっくり食べるのも難しいのに、
子どものおやつは手作りのもの!
肌にいいから布おむつ!と
無理をして頑張ってしまうと、
育児のハードルが上がって、どんどん辛くなってしまいます。

子どもはお母さんの辛い顔より笑顔が見たいものです。
泣いている赤ちゃんの声に耳を塞いで一生懸命作る離乳食より、
楽をして笑顔であげるベビーフードの方が、
美味しく食べられるかもしれません。
「母親はこうあるべき」と自分のなかでの
子育てのハードルが上がってしまっていると感じたときは
「インドの子育てはどうだろう」
「年子の5人兄弟の末っ子は手作りにこだわっていられないはず」
と考えてみるのをおすすめします。
環境が違えば子育ては全く違ったものになり、
愛情さえちゃんと伝わっていれば、子どもは元気に育ちます。

269


 

子育てで大事なのは、その質です。

何をしてあげられるかではなく、
どれだけ楽しく子どもと関わることができるか、
そしてたくさん抱きしめてあげること、それが一番大切です。
共働きなどでお子さまとの時間があまりとれない親でも、
限られた時間でお子さまにしっかり接してあげればいいのです。
また、専業主婦であっても、
ずっと子どもと一緒にいるのは非常に疲れるものです。

子どもを預けたりと積極的にリフレッシュの時間をとることで、
気持ちに余裕が生まれ、笑顔で過ごすことができるようになります。
子育てはとても大変なものです。

1人ではもちろん、夫婦2人だけでは簡単にできるものではありません。

罪悪感を感じることなく、周囲に助けを求めてください。
子どもとしても、キリキリイライラしたお母さんより、
笑顔で抱きしめてくれるお母さんの方が嬉しいはずです。

社会や科学技術がどんどん変わっていくのと一緒に
子育ての方法もどんどん変化しています。

人間みんなが違うように、
子育てもそれぞれのやり方があっていいのです。

家事や育児はどんどん手抜きをしてください。

楽をして、その分自分の時間を楽しんだり、
子どもをたくさん抱きしめたり、
楽しい気持ちで毎日を過ごしてください。
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!