子どもの成長に合わせた心のコーチ法とは? 4歳から7歳のお子さまのコーチ法をご紹介します!

683

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

暖かかったり寒かったりとまだまだ油断できない気温ですね。

春先はとくに体調を崩しやすいので、
温かい飲み物を多めにとるなど、身体をいたわってあげましょう。

 


 

子どもの成長はとても早いものです。
「これができるようになった」と目に見えるものだけでなく、
心の中もどんどん成長しています。

自分の感情をコントロールする能力をうまく育ててあげて、
目標を達成する力を身につけるお手伝いをしてあげましょう。

本日は、「子どもの成長に合わせた心のコーチ法とは?
4歳から7歳のお子さまのコーチ法をご紹介します!」

についてお話します。

 

-------------------

 

4歳から7歳頃は、
自分でできることも随分増えています。

外の世界に飛び出して新しい友人をつくり、
いろいろな環境から新しいこと、
面白いことを学習するようになる時期です。

そうすると、
自分の感情を制御しなければならない場面にたくさん遭遇します。

目標を達成するには、集中力を働かせて
自分の不適切な行動にはブレーキをかける必要がでてきます。

自分の感情をコントロールする能力を育てるのには、
友人との関係がもっとも役に立ちます。

この時期には、
他の子どもとの1対1の時間を
たっぷりつくってあげるのがおすすめです。

3人以上となるとまだトラブルも起きやすいため、
邪魔にならないようにも気を配りながら、
親がうまく間に入ってあげる必要があります。

2014七田チャイルドアカデミー1608

 

-------------------

 

自分や相手の気持ちを考える練習としても
「ごっこ遊び」がいい影響を与える時期です。

憧れのヒーローになって、
空想の中で自信を育てたり、

子どもに親の役をさせて
どんなことをしたら親が怒るのか、
気持ちを考えさせてみるのもよいでしょう。

親は少しずつ子どもから手を離して、
子ども自身の成長を見守り始める時期でもあります。

親が口をはさみすぎると、
せっかくの成長の機会を奪ってしまうことになります。

お友達との関係に介入しすぎないよう、
「困ったときに話を聞いてあげる」
くらいのスタンスで過ごすのがおすすめです。

お子さまの成長を信頼して見守ってあげましょう。

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!