2017年夢っこ作品大賞「英語部門」のご紹介♪

七田チャイルド 教室

こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです♪♪

本日は、今年の夢っこclub3・4月号で掲載されている『自分の好きなもの』をテーマにした
夢っこ作品大賞 受賞作品「英語部門・俳句」をご紹介します。

英語で俳句や詩を書くとことには3つのメリットがあります。

①シンプルな言葉で気持ちを表現できる
②文法を気にしなくてもよい
③英文を書く足がかりとなる

文章が書けなくても、言葉を知っていれば
どんな年齢でも作れることが英語俳句の大きなメリットです。

感性が豊かな幼児期に作る俳句は、
大人には真似できない味のある表現ができるのです!

それでは、たくさん送られてきた中から「大賞」を受賞された作品はこちらです!

幼児の部 俳句 大賞 A.Iちゃん5歳

英語俳句
お友達と一緒にいつ時のことを考えて作ってくれたそうです。
お友達とならいつでもどんな時でも楽しい時間を過ごせますよね。
そんな気持ちが上手に表現できましたね。

小学生の部 大賞 S.Kくん 小6

英語俳句
大好きなそろばんを英語俳句で表現してくれました。
そろばんの音が今にも聞こえてきそう。簡潔な中にも描写がしっかりできてますね。
英語もそろばんと同じぐらい得意になりたいです、との事、楽しみですね!

幼児の部 大賞 A.Yちゃん 5歳

俳句
いちごが果物の中では一番大好きなA.Yちゃん
詩を書いていたらいちごが食べたくなってきたそう。
いちごが大好きな気持ちが伝わる詩ですね。
アルファベットも上手に書けてましたね。

英語俳句は、文法をあまり気にせず、自由に気持ちを表現できるのもいいところなのです!
また、単語やフレーズ単位で作れるので、文法をあまり気にせず自由に気持ちを表現できます。

そして、3行の中に伝えたいことが集約されるので、俳句が作れるようになると、
それをベースに、少し長い文章を書くことにもつながります。

たとえばエッセイだと、一番表現したいことが1文あり、
それを膨らませた表現を加えることで完成します。

たかが俳句、されど俳句。
英語で気持ちを表現するための第1歩として、みんなも英語俳句にチャレンジしてね!
待ってます!!

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!