よそのおうちはどうしてる?お悩み相談をご紹介!

ent_mihoみなさん!こんにちは。

0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

今日から4月がスタートですね!4月から新生活が始まる方も多いかと思います。

新しい生活に期待と不安が入り混じると思いますが、わくわくイメージしながら新生活に飛び込んでくださいね!
おうちでできる取り組みや、たのしく親子でつくれる「たのしい食育」など、
情報満載で購読していただいているお母さまたちにご好評の子育て応援マガジン「夢っこclub」。

今回は、七田チャイルドアカデミーが発行している「夢っこclub」から、
人気コーナーの「教えて!七田ママ」をご紹介します!

DSC_8250

「教えて!七田ママ」は、七田ママの子育ての様子をママ記者さんや
七田ママにご協力いただき、ご紹介するコーナーです。

「よそのおうちではどう?」と思う質問に、全国の七田ママからお返事をいただきました。

皆さんそれぞれに考えを持って工夫されていますよ!
Q・遊び食べ、どう対処してる?

→食事の時間に、遊び食べが多いのですが、その際はどのように接していますか?

・だいたい30 分をめどに、遊び食べが始まったら、「ごちそうさま」をさせてご飯を片づけます。〈7歳、2歳〉

・2歳くらいまでは、「だれかなー?食べもので遊んでるのはー?」と明るく声をかけながら、
「お口あけてごらん、ほらおいしい!」と手助けする。

こちらの言うこと(意味)がきちんと理解できるようになれば、
「きちんと食べてあげないと食べものさんが悲しいって」
「遊んで食べるのと、楽しく食べるのは違うよ」と伝えています。〈14歳、10歳、5歳、2歳〉

・2歳の子の親ですが、食べている途中に立ち歩いたり、食べさせて~!が
とても多くて困ります。そろそろ一人で頑張って食べてほしいのですが…。

そういう時は、半分は頑張って食べたら、後半は手伝ってあげたりします。
一人で頑張って食べている時は、「すごい!上手に食べてる~!お姉ちゃんだね」と
常にほめています。するとうれしそうに、頑張って食べることが多いです。〈6歳、2歳〉

ent_miho日頃から、食べることの大切さや感謝することをお話しておきましょう。
小さくてもちゃんとわかりますよ。また、「今はこうすべき」と押し付けると逆効果です。
遊びだしたら、食事を片付けてしまってもかまいません。
のちほど、おなかが空いたときに、座って食べるお約束をしましょう。
もちろん、ちゃんとできたら、ほめてあげましょう。
Q・おうちでのプリントや取り組み

→楽しく取り組めるような方法や、やる気にさせるコツなどを知りたいです。

・算数を楽しむための取り組みとして、買い物に行ったときに、レジに並ばせて、おつりを考えさせて、
当たっていたらそのおつりをお小遣いにしています。

・子どもにとっても、机に向かうのではないので、算数が楽しいゲームになっているようです。
私も、子どもとの買い物が楽しくなり、一石二鳥です!〈6歳〉

・暗唱は、お風呂の中で歌って覚えています。〈6歳〉

・プリントの取り組ませ方ですが、キッチンタイマーを使って、タイマーと競争させます。
ゲーム感覚で、楽しんでやる気になってくれます。〈6歳〉

・取り組みについて、今日やる分をカゴに入れて、目につく所に置いておく。
砂時計や、携帯アプリの楽しい絵やメロディのタイマーなどを使って時間を決めてやる、
など工夫しています。〈6歳〉

・テーブルをリビングのど真ん中に置いて、プリントを見えるように置いておくと、
「あ、おもしろそう」と自分でゲーム感覚でやっているようです。〈6歳〉

・明るいうちに宿題を済ませることを意識させ、日入り時間厳守を心がけさせる、
一日の流れ&生活の一部とする。
宿題を一人で取り組むことが、ママにとってサプライズプレゼントなのだと思うように、
さらに大げさに喜びほめてみます。〈3歳〉

ent_miho 個人のペースや個性により、取り組み方法は異なりますが、毎日少しずつ取り組む習慣をつけましょう。
ママに言われてやるのではなく、お子さまの自主性に任せて楽しく取り組むことが大切です。まずは手助けをしてでも「できた」という喜びを、しっかり「ほめて」あげながら体感することが、次へとつながります。無理にやらせるのではなく、何か一つでも取り組んだら、ほめる・シールを貼るなど、やった後の楽しみがあることも続けられる秘訣ですね!子どもにやらせるだけでなく、親が一緒に取り組む姿を見せることも大切です。
DSC_8375

「教えて!七田ママ」は、いかがでしたか?

同じママの目線でのお返事なので、通じるところも多いかと思います。

ぜひ、七田ママたちのお返事を参考にしてみてくださいね!