生活と健康の自律とは? 良い生活習慣で免疫力を高めてあげましょう!

1 (334)

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!
2月も終盤ですね。
来月は春休みもあり、春の気配にわくわくします!

春のイベント情報も出はじめているので、
春休みのおでかけの計画を立ててみるのもいいですね。

 


 

「子どもは風の子」といわれますが、小さい頃は免疫力が弱く、
実際には「風邪の子」になってしまうことは少なくありません。

風邪をひかないためには
手洗いうがいなどの予防はもちろんですが、
強い体のためには良い生活習慣が大切です。
本日は、「生活と健康の自律とは?
良い生活習慣で免疫力を高めてあげましょう!」

というテーマでお話します。
-------------------
実は、誰もが年に3〜4回は
風邪をひいているといわれています。

しかし、免疫力が強ければ、
症状がほとんど出なかったり、
症状が出てもすぐ治ってしまいます。

栄養が偏っていたり、
睡眠時間がバラバラだと、
体は本来の力を発揮することができません。

生活を自分で律することができていると、
健康で丈夫な体を手に入れることができます。
ご家庭で生活を律するための方法をご紹介します。
まずは親子で生活リズムを見直してみましょう。

睡眠、遊び、勉強、食事、お風呂や着替えなど
どんなことに、どれくらいの時間がかかっているのかを
表などに書き出してみるとわかりやすいですね。

何時に起きて、何時に寝るのかを子どもと話し合って
具体的な時間割を作ってみるのもいいでしょう。
そして、食事の大切さはご存知の方は多いと思います。
三食の食事で充分気をつけていても、
おやつはどうでしょうか。

子どもにとって、
おやつは「第4の食事」です。

栄養面でも大切なおやつについて、
今一度考えてみましょう。

おやつの量を決め、
自分でも制限できるようにしてあげるのもいいでしょう。
また旬の食べ物などを子どもと一緒に調べてみたりと
子どもが自分で必要な食べ物を選べるようにしてあげましょう。

160414_523


 

自己管理は、
大人・子どもに関わらずとても大切です。

自分で何が正しいか考えて計画し、
それを実行するだけでなく、
うまくいかないときは
計画を変更したり、修正したりします。

それによって、基本的な自己管理を学ぶことができます。
とはいえ、毎日計画通りに生活するのは大変なので、
まずはお休みの日の計画を立ててみることから
始めてみてはいかがでしょうか。
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!