成功体験でやる気がアップ!成功体験で自信を持って行動できる子どもに育てましょう!

20141608

 
みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

先日は節分、立春でしたね。

九州など南の方ではそろそろ梅が咲く頃です。
寒い日が続きますが、春は近づいてきていますね!
 


 
お子さまが成長するにつれて、
色々な物事に挑戦する機会は増えてきます。

そんなときに、
「失敗したからもうやりたくない」
とお子さまがすねてしまうこともあるかと思います。

どうすれば、一度やってできなかったことでも
果敢にチャレンジしてくれる子になるのでしょうか?
 

本日は、「成功体験でやる気がアップ!
成功体験で自信を持って行動できる子どもに育てましょう!」

についてお話します。

 

-------------------

 

一度チャレンジしてうまくいかなかったら、
苦手意識を持ってしまうのは、
ある意味当たり前のことでもあります。

 
しかし、そこで
「最初からできる人はいない!」
と自分を奮い立たせることができる子に育ってほしいですよね。

 
そんなふうに自分自身に対して
「やればできる」と信頼するためには、
たくさんの『成功体験』が必要です。

成功体験とは、
自分自身が「できた」と思える体験です。

 
では、具体的にはどうすれば
成功体験を積ませてあげることができるのでしょうか?

 
まずは、日頃のお手伝いなどから
できたことに目を向けてほめてあげるのが効果的です。

できなかったことはなるべくスルーしましょう。

 
できた部分に注目して、
ほめて認めてあげることで、
「自分はできる」と自信がわいてきます。

そして、もっとがんばろうという気持ちになります。

 
また、子どもの得意なことをイメージして、
想像の中で成功体験をさせてあげるのも効果があります。

縄跳びが得意であれば、
連続跳びで自己新記録を出して喜んでいる姿を想像したり、
大好きなヒーローになって、苦手なこともすいすいこなせたりと、
一緒にプラスのイメージをたくさんしましょう。

 
イメージの中で成功した姿を経験すると、
現実でも自信をもって挑戦することができるようになってきます。

2014七田チャイルドアカデミー1826
 


 
「できたことをほめて、認めてあげる」
「楽しいイメージを共有する」
その効果を発揮するためには
日頃からの信頼関係が大切です。

大好きな人にほめられるからこそ、
「自分はできる!がんばろう!」と思えるのです。

 
毎日の生活のなかで、
たくさん抱きしめ、
しっかりと愛を伝えてあげることで
信頼関係は育ってゆきます。

その上で、できたことをたくさん認めてあげましょう。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!