赤ちゃんのために親がしてあげられるこことは?

 
みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

 
地域によって異なりますが、
先日鏡開きを迎えたというご家庭も多いのではないでしょうか。

頂くことも多く、余ってしまいがちなお餅ですが、
せっかくなのでアレンジレシピを色々試してみるのも楽しいですね。

 
130


 

一昔前までは、
とても教育熱心な一部の家庭でのみ行われることが多かった幼児教育ですが、
最近では知育絵本や知育おもちゃなども増えてきて、
幼児教育自体がどんどん一般的になってきています。

それだけ、幼児教育の重要性が認知されるようになってきたのです。

本日は、「赤ちゃんのために親がしてあげられるこことは?
幼児教育の重要性について。」

についてお話します。
 

 
「教養とは失うことも奪われることのない最大の財産である」

とも言われるように、
一生にわたって子どもの手助けをしてくれるのは、
ものやお金ではなく、知識や教養です。

 
だからといって、教育ばかりを優先して
勉強漬けにしてしまってはいけません。

幼児教室に通い、教材をたくさんこなして、
文字や数をたくさん覚えさせれば、
親としての満足度は高まるかもしれません。

しかし、それは親の自己満足でしかありません。

 
幼児教育でいちばん大切なこと、
お子さまの成長にとっていちばん必要なことは
机の上での学習だけでは得られません。

 
幼児教育でもっとも重要なことは、
家庭の中でお母さんやお父さんが、
どのようにお子さまに接するか
、です。

笑いかけたり、話しかけたり、ほめてあげたり、
スキンシップで愛情や刺激をたっぷり与えてあげることで、
心に安定感や安心感を与えてあげられます。

 
誰よりも勉強が出来てテストがいつも満点でも、
いつも自分に自信がない、人の気持ちが想像できない、
そんな風になってほしくないですよね。

 
文字や数をただ詰め込むのではなく、優しい心や、
人と人とのコミュニケーション力を育んであげることが大切です。

 
「認めて、ほめて、愛して、育てる」

それが大切です。

044
 


 
お子さまの可能性を引き出すのも、
眠らせたままにしてしまうのも、
一番身近なお手本である親の接し方ひとつです。

それを踏まえた上で、
教材や教室をうまく利用してくださればと思います。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

「取り組みに集中できない場合」の対処法をご紹介!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

新学期も始まり、
お正月気分もすっかり抜けて、普段の生活が始まりましたね。

今年の目標を決めたりと、
いつもと少し違う心がけで過ごしてみるのはいかがでしょうか?
 

665

 
毎日の子育ての中で、
「いったいどう対応するのが一番いいの?」と
悩んでしまう場面はたくさんありますよね。

 
本日は、お子さまが
「取り組みに集中できない場合」の対処法
についてご紹介いたします。

 

-------------------

 
1人の時は集中して遊んでいたり、
絵本を楽しそうに読んだりしているのに、
親御さんがプリントやカードの取り組みをしようとすると、
途端にソワソワしてなかなか取り組みに集中できない
というご相談を受けることがあります。

1人で遊んでいるときはとても集中できているのに、
取り組みを始めようとすると、
どうして集中できなくなってしまうのでしょうか?

 
そういった場合には、お子さまは、
親御さんと一緒に過ごせるのが嬉しくてなかなか取り組みに集中できない
という可能性があります。

その場合、知的に学習の場を通じて関わろうとする前に
まずはお子さまと心を通わせることを試してみてください。

 
朝起きたらお子さまを抱きしめて
「○○ちゃんのことが大好きだよ。」
「お母さんのところに生まれてきてくれてありがとう!」

と愛情と感謝の言葉を伝えましょう。

160414_468

 


 
親は子どもに充分愛情を伝えていると思っていても、
実際には伝わりきっていないことも少なくありません。

まずは愛情をきちんと伝え、心を満たしてくださることが大切です。

 
そうして心が満たされると、安心して、
「一緒に何かをするのがうれしい」
と、思うようになり、
取り組みにも集中できるようになるはずです。

 
七田式では常に、
まずは親御さん自身が
お子さまへの見方、接し方を変えるところから
始めていただくように、お伝えしています。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

声を出し始めた赤ちゃんと積極的にコミュニケーションを取りましょう!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

今年も残り半月ですね!
年頭で掲げた目標は達成できましたか?

今年を振り返って、がんばった自分を
たくさんほめてあげてくださいね!

 
173

 
3ヵ月を過ぎると「あ~」「う~っ」など、
喃語(なんご)という乳児のまだ言葉にならない声を出すようになります。

 
喃語は赤ちゃんの発声練習で、話しがしたいという気持ちの表れです。
喃語は意味がないから話しかけてもムダと思っていませんか?

反応することで赤ちゃんはコミュニケーションの喜びを感じ取るため、
受け止めて答えてあげることが大切です。

今回は、3ヵ月~7ヵ月頃の赤ちゃんとのコミュニケーションのポイントをご紹介します。

 


 
1)おうむ返しで答える

喃語には、おうむ返しで反応してあげてくだい。

たとえば、「あ~」に対しては、
「あ~あ~ってお話したのね。」
といったように返してあげます。

赤ちゃんは喜んでもっと大きな声を出そうと
一生懸命になってくれます。

繰り返すことで発声力も伸びていきます。

「いい声が出たね。お話しすると楽しいね」など、
一緒に喜んであげることも大切です。

 
2)物を介してコミュニケーションをとる

6ヵ月を過ぎると、お座りができるようになって、景色が一変します。

それにともなって、身の回りのものに興味を覚え、手を伸ばそうとします。

この時期は、物を介してのコミュニケーションを取ると、喜びます。

たとえば、赤ちゃんが犬を興味深く見ていたら、
「ワンワンいるね」と、
一緒に見て話しかけてください。

物を介して人と思いを共有することで、
人の思いを推しはかる力が育っていきます。

 
3)語りかけすぎには注意

語りかけることは大切ですが、
語りかけすぎにならないよう注意してください。

たとえば、赤ちゃんの気持ちを無視したように
ひっきりなしに語りかけたり、
一方的に話しかけたりすることは、
感性の育たないまま大きくなってしまうこともあり逆効果です。

2000-1300033

 


 
成長に合わせて声かけをしてあげることで、
豊かな感性を育ててあげましょう。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

子どもに声をかけるときに気をつけるべきこと

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

 
12月も中旬になり、
そろそろ年賀状の準備を始める頃でしょうか。

年賀状をきっかけに、
ハガキの書き方を子どもに教えてあげるのもいいですね。

1 (142)

声をかけてもなかなか準備をしない、
どうすれば子どもが動いてくれるのかと悩んでいる方は
少なくないのではないでしょうか。

本日は、
「子どもに声をかけるときに気をつけるべきこと」
についてお話します。

 


 

お出かけ前に急いでいるときや、
なかなか宿題を始めないときなど
「早くしなさい!」
「さっさとしなさい!」

などという声かけをしたことはありませんか?

この声かけは、実は子どもにとって全く効果がありません。
ただ「怒っているなあ」と感じるだけです。

 
なぜなら、「早く」「さっさと」とは
何をすればいいのか伝わっていないからです。

 
「出かけるからテレビはおしまいね」
「靴下を履いて、上着を着たら玄関に行って待っててね」
「時計の針が真上に来たら宿題を始めようね」
「宿題のノートと筆箱をテーブルに持ってこようか。」

 
など、
どうすればいいのか、を具体的に言葉で伝えると
次の行動が明確になるので、
子どもも動きやすくなります。

 
席についても、
なかなか宿題を始めないときや、
手が止まってしまっているときもあるかと思います。

そんなときは
「さぼろうとしている」
「またダラダラして」

と決めつけずに、
「どうしたの?」
「何かわからないことがあるの?」

と聞いてみてあげてください。

 
日付がわからない、
名前が思い出せないなど、
とても小さなことにひっかかって
進めなくなっているのかもしれません。

 
子どもに越えかけをする時には、
子どものその時の様子をよく見て判断するのが大切です。

一方的に決めつけてしまわないで、
子どもの気持ちを考えながら発言してあげることで、
こちらの気持ちも伝わります。

 

IMG_0110

 


 

子どもも1人の立派な人間で、
そのときそのときで
色々なことを感じ、
考えて判断しようとしています。

その気持ちを尊重して、
一方的に決めつけることなく
声かけをしてあげましょう。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

心を育てる「読み聞かせ」を毎日の習慣に!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

いよいよ12月が始まりましたね。

サンタさんにどんなおもちゃをプレゼントしてもらおうか、
子どもたちはわくわくと考えていることでしょうね!
 
1 (291)

 
絵本の読み聞かせは子どもに良い影響があることは、
みなさんご存知かと思います。

今回は、
絵本読みで心が育つのはどうしてなのか?
習慣化するにはどうすればいいのか?

についてお話しさせていただきます。

 


 

————————————
●愛情が伝わるから心が育つ
————————————

小さなころから、
おうちの方がお子さまに読み聞かせをしてあげると、
読解力や豊かな感性が育つだけでなく、
親から子への愛情も伝わります。

 
日々忙しくて
なかなか子どもの相手をしてあげられなくても
寝る前の10分〜20分の間、
読み聞かせをしてあげることは、
効果的なコミュニケーションとなります。

読み聞かせの間は
絵本と子どもに集中することになるので、
「自分のために読んでくれている」と、
子どもは愛されていること、
大切にされていることが実感できます。

いつも聞いている親の声は、
子どもに安らぎを与えます。

このことは、
子どもの心の成長にとても大切なので、
ぜひ読み聞かせを習慣にしてあげてください。

——————————————-
●読み聞かせを習慣にするためには
——————————————-

絵本に対する興味を育てるには、
子どもの手の届くところに絵本を置き、
いつでも自由に読めるようにしたり、
一緒に図書館に出かけ、
読む本を自分で選ばせるといいでしょう。

お子さまを読書好きにするためには、
文字が読めるようになってからも、
小学校3年生くらいまでは1日20分程度、
読み聞かせをしてあげるのがおすすめです。

そうすることで、
自ら本を読み、
学ぶ姿勢のある子どもに育ちます。

 
P14-02124
 


 
ぜひ読み聞かせを習慣にしてあげてください。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

胎教で親子の一体感を育む簡単な方法

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!
新しい月が始まりました!

秋も深まって、紅葉のシーズンです。
寒さが本格的になる前に、いろいろな場所へお出かけしたいですね!
 

2015-1008 (167)

 
今回は、赤ちゃんがお腹の中にいるころから始められる、
「胎内教育」についてご紹介します。

 
子どもへの教育は、
妊娠がわかったときから始めることができる
ことはご存知でしょうか。

 
子育てをしていく上で
一番大事なことは、

「親子の一体感」です。

 
右脳教育の七田式教育では、
子どもの右脳に働きかけるためには、
「親子の一体感」を重要視しています。

簡単な方法としておすすめしているのは、

おなかの中にいるころから
赤ちゃんに話しかけてあげることです。

そうすることで、
親子の一体感が高まります。

 


 

妊娠が判明したら、
おなかの赤ちゃんに名前をつけてあげてください。

「胎児ネーム」ともいって、
この名前は、おなかにいるときだけの愛称です。

 
妊娠していても、
おなかに子どもがいるということは
なかなか実感しにくいものです。

 
名前をつけて呼びかけてあげることで、

特別な存在になり、
愛情がわいてくるのです。

 
204

 
「おはよう」「おやすみ」などのあいさつや、
「天気がいいね」「ごはんがおいしいね」などの
ごく普通の語りかけをたくさんしてあげてください。

 
おなかのなかにいるときから、
名前をつけて呼んであげることで、
生まれる前から「家族」を
感じられるようになってきます。

 
これが、右脳教育をする上で大切な
「親子の一体感」につながっていきます。
 


 
生まれてからは
七田式教育の幼児教室に通うことで、
たくさんの可能性を広げてあげることができます。

おなかのなかにいる頃からの
「胎内教育」

とてもあたたかい気持ちになれるので、
ぜひ試してみてください。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

脳は3歳までに80%が完成します!

みなさん!こんにちは。
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

8日・9日・10日と、三連休だった方も多いかと思います。

最近は室内に遊具がある施設も増えていますので、
おでかけのバリエーションも増えていますね!

1 (220)

先日のブログ、
「なぜ、小学生に入るまでに右脳教育をしたほうがよいのでしょうか?」
の中で、

「3歳までに脳の80%が完成する」

ことをご紹介いたしました。

このことは、とても大事なことなので、
今回のブログでも、さらに深くご紹介いたしますね!


————————————————————————–
「3歳までに脳の80%が完成する」
————————————————————————–

一般的に、脳は、3歳までに80%が
完成するといわれています。

赤ちゃんの脳の成長は早く、
生後から1年で約2倍、
さらに3年後には約3倍と成長をします。

そして、6歳になるまでに
成人の90%まで完成するのです。

残り10%は、成人をむかえるまでの間に
ゆっくりと成長します。

そのため、幼児期の6年間の教育が大事だとされています。

生まれてすぐから小学校にあがるまでの6年間、
ここが一番大事な時です。

だからこそ、七田では

0歳からの幼児教育をおすすめしています!

子どもの脳は、小さい時期ほど吸収力があります。

この才能の伸びが大きい時期に
しっかり働きかけてあげましょう。


————————————————————————–
「英語教育は幼児期からスタート!」
————————————————————————–

たとえば英語!

日本人だから、
「英語よりも先に日本語の教育から」
と考える方が多いと思います。

しかし、幼児期だからこそ、
英語を聞かせてあげることが大事です。

日本語と英語は周波数が違います。

幼児期に日本語しか聞かずに育ってしまうと、
成長していざ英語を耳にしたとき、
子どもは聞き取ることをやめてしまうのです。

幼児期から英語を聞かせて、
「外国語を聞くことができる耳」を
鍛えてあげましょう!

400-300NDF_5731

 


 
くり返しになりますが、

幼児期の6年間がとっても大事な時期です。

お子さまのため、そしてお父さん、お母さんのためにも、
この6年間を大事にしてほしいと思います。

0歳から始めて、お子さまの能力を
いっぱい引き出してあげましょう!

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!
 

親の口癖で子どもが変わる?探驪得珠(たんりとくしゅ)とは?

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです♪♪

10月に入って、秋の味覚狩りが始まっていますね!

秋晴れの空の下、自分の手で果物を収穫するのは、
子どもにとって、特別な思い出になりそうですね!

リサイズIMG0026

 
みなさんは、自分の口癖をご存知ですか?

 
無意識に言っていることが多いので、
意識していないかもしれませんが、
子どもの言動に注意してみてください。

子どもは、身近な人の言葉をマネています。

 
乱暴な言葉を使っていたら、
ご自身に思い当たる節がないか、
自問自答してみてください。
 
保育園や幼稚園に通っている子どもであれば、
クラスメートの話す言葉などにも
影響を受けると思いますが、
やはり、お母さんの影響は大きいものです。

 
ネガティブな言葉や、命令口調、
言ってほしくない言葉を子どもが言ったら、
ご自身の口癖も見直してみてくださいね!

お母さんがポジティブで、優しい言葉を話すと、
子どももマネをして、いい言葉を話すようになります。

 
しかし、お母さんが気をつけていても、
子どもが乱暴な言葉を使ってしまうかもしれません。

そんなときは、怒ったり叱ったりするのではなく、
心の話をしてみましょう。

 
故七田眞名誉校長がよく話していた言葉をご紹介します。


————————————————————————–
「探驪得珠(たんりとくしゅ)」
————————————————————————–

「驪」は黒龍、「珠」は宝珠のことです。

「魂をみがいてすばらしい生き方をすると、
黒龍が抱えている宝珠を得ることができる」

この言葉には、そういう意味があります。

人を喜ばせると魂がみがかれ、
人を傷つけたり悲しませたりすると、
魂が濁ってしまうのです。

「魂が濁ったらもう宝珠はもらえないの?」

と子どもに聞かれたときは、

「反省して魂を磨いていけば、またきれいになるよ」

と言ってあげてください。

そうすれば、これからは魂がきれいになるような
言葉を使うように心がけてくれますよ!

リサイズIMG_0052

 


 

もし子どもが、人を傷つけたり
悲しませたりする言葉を使ったときは、
「探驪得珠(たんりとくしゅ)」の
お話をしてあげてくださいね。

そして、冒頭でもお話しましたが、
言ってほしくない言葉は、
親から覚えてしまうこともあります。

親も乱暴な言葉を使わないように
普段から言葉遣いに気をつけて、
毎日を気持ちよく過ごせる
環境作りをしてくださいね。

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!
 

なぜ七田チャイルドアカデミーを選んだの?七田ママのホンネは??

ent_mihoみなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのかなです♪♪

明日は秋分ですね!「彼岸の中日」です。

わが家では、子供のころから、
おはぎを毎年手作りして、家族で食べています。

毎年の家族行事があると、とても楽しいですよね!

IMG_3503

なぜ七田チャイルドアカデミーを選んだのか?

これから入室をお考えのお母さまたちが
知りたいところだと思います。

 
他にも幼児教育の教室がたくさんある中、
七田チャイルドアカデミーに決めた
決定的なことはなにか?

実際に入ってからはどうだったか?

その辺りを、七田チャイルドアカデミーに
通われているお母さまたちに聞いてみました!

 
今回は、

なぜ七田チャイルドアカデミーを選んだのか?
七田ママからのメッセージ!

をご紹介しますね!


————————————————————————–
なぜ七田チャイルドアカデミーを選んだの?
————————————————————————–

「上の子が勉強の姿勢や習慣がついていない状態で
 小学校に上がってしまい、とても苦労したのです。
 で、下の子には「学ぶ習慣」をしっかりと
 つけてあげたいと思ったので七田を選びました。」

「体験のときに、すごいレッスンをしていると
 ビックリしてしまって、これは受けたら力に
 なると思ったので、スグに入会を決めました。」

「遊びながら自然と学べるのが
 子どもにもストレスがないと思い、
 七田を選びました。
 実際、遊びに行く感覚で通っています。」

「本田望結ちゃんや、池江璃花子さんが
 七田の卒業生と聞き、どんな教育をしているのか
 気になって選びました。」


————————————————————————–
入ってからはどうだった?
————————————————————————–

「通い始めて1年ほどになるのですが、
 すっかり学ぶ習慣が身についていると感じています。」

「適切な時期に適切な取り組みを教えてもらっているのと、
 学びが自然と習慣化されてきました。」

「すごい引っ込み思案だったのですが、
 ちょっとずつ発言力がついたり、
 自分から行動できるようになりました。」

「記憶力がすごくよくて、これは七田の
 フラッシュカードの効果と思っています。
 瞬間記憶も身についてきているようで、
 ぱっと見たことを、この前こうだったよね!
 とよく話しています。」


————————————————————————–
おすすめポイントは?
————————————————————————–

「まず、私自身にすごく安心感があります。
 先生が親身になっていろいろ相談に
 乗ってくださるので、助かります。」

「ほめて育てるということを
 念頭に置いているので、
 あんまり怒らず子育てできています」

「そのままで100点と教えてもらったこと。
 いままで友だちの子どもと比較をすることが
 あったのですが、ここにきてよその子はよその子を
 教わって、すごく気が楽になりました。」

「先生方もとても親切で、
 いつも愛情を持って接してくださるので、
 通って、すごくよかったなって思っています。」

「親子共に楽しんでいろんなことに取り組めるのが、
 子どもの力が伸びて行くのかなって思います。」

IMG_3324
 


七田ママからのメッセージは
いかがでしたでしょうか。

子どもが楽しみながら学べるというのが、
お母さまにも支持されているところです。

お子さまだけではなく、お母さまも
楽しくレッスンに参加されているのも、
七田チャイルドアカデミーならではですね!

 
七田チャイルドアカデミーでは、
体験レッスンも行っています!

ぜひ実際のレッスンを体験していただき、
七田式教育にふれてみてくださいね!

体験レッスンはこちら

 
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!
 

子育てがもっと楽しくなる!完璧をめざさない子育てとは?

ent_mihoみなさん!こんにちは。

0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのきよたかです!

夏休みも終わってしまいましたね!

最近では、8月末から2学期が始まる学校も増えていますが、
9月1日が始業式というイメージはまだまだ強いですね!

JH139_350A
子育てをしていると、いろいろな悩みがつきないと思います。

他の子と比べて、

「どうしてうちの子はこうなんだろう・・・」
「なぜ、こんなこともできないの??」

とお悩みのお母さまは多いかと思います。

 

ちょっと待ってください!

 

子どもに結果ばかりもとめていませんか?

親のいいなりになる子を求めてませんか?

勉強だけができればいいんですか?

七田式教育では、

「子育ての基本は、完璧である必要はない。」

と考えています。
なぜ完璧でなくていいのか?

どうやって子どもを伸ばしていくのか?

その理由をお話ししますね!


————————————————————————–
Q:なぜ完璧をめざさないの?
————————————————————————–

A:完璧であろうとすると、少しでも他の子と違うと
「うちの子はできない、私の育て方がわるい、情けない」
など、ネガティブに思ってしまいます。

そうすると、親のイライラがつのってきて、
子どもにきつく当たってしまいがちになります。

そんな怖い顔のお母さんをみると、子どもは
「自分が悪いんだ」と自己否定しはじめます。

ここまでお読みになっただけで、完璧をめざすことが
よくない方向に進んでしまうのがおわかりかと思います。


————————————————————————–
Q:どうやって子どもを伸ばすの?
————————————————————————–

A:子どもを伸ばすために、お母さまたちにお願いしているのが、

「結果と見ずに、過程(プロセス)と見る」

これで最善なんだと思うことが大切なのです。

子どもにも家庭にも個性があって、他と比べず、
その個性を伸ばしていけばいいんです!

これでいいんだなと思うと、
お母さまの心も楽になりますし、
子どもの心にしっかりと向き合えます。

この考えを知って、子育てが本当に楽になった。

という声をたくさんいただいています。

 

そして、子どもが何か少しでもできたら、
思いっきりほめてあげてください!

子どもは、お母さんにほめられるのが、
とっても大好きです。

ほめられることで、自分からいろんなことに
チャレンジしていくようになりますよ!
さらにほめられることで、自己肯定感も育まれます。

自己肯定感が増すと、相手を思いやる心も育まれ、
円満な人間関係を築くこともできるのです!

表紙ママと1

 


 

完璧をめざさない子育てはいかがでしたか?

つい、他の子とくらべてしまいがちですが、
その気持ちは、捨ててください。

他の子どもと比較せず、子どもの個性を見てください。

いちばん大切なのは、

子どもをマイナスに見ないこと、
親も、自分をマイナスにみないこと。

親も子どもも、お互いを認めあい、
毎日笑顔で過ごせますように。
今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました!