体験レッスン前に知りたい七田式教育の特長や
各コースの特徴など、よくあるご質問をまとめました!

よくあるご質問

七田式教育の特徴

心の子育てとは?(子どもの見方6つのポイント)
子育てでいちばん大切なことは、心の子育てです。
子どもの心を育てるには、しっかり抱きしめてあげましょう。
しっかり抱きしめてあげると、母と子の心が通じあうようになります。
皮膚が心の座・愛情の座なのです。そして、子どもの正しい見方を知ってください。

子どもの見方6つのポイントは、
(1) 子どもの短所を見ない。長所を見てほめる。
(2) 今の姿をでき上がった姿とみない。 成長の途中の過程と見る。
(3) 完全主義で育てない。 少しでもできたら感動し、ほめてあげる。
(4) 比較しない。
(5) 学力中心で育てない。
(6) そのままの姿を100点と見る。
親が子どもを信じ、認め、子どもと一体感を得るようになると、子どもの心が開かれ、本来持っているすばらしい能力を発揮するようになるのです。
右脳の能力ってどんなものですか?
右脳には、次のような能力があります。
(1)量を一目でとらえて、多くの数を言い当てる能力(ドッツ)
(2)複雑な計算を計算機より速くやってのける能力
(3)一目で一ページを記憶するようなカメラ・アイの能力(直観像)
(4)ESPの能力(テレパシー、透視力、触知力、予知力など)
(5)語学習得能力(何カ国語でも修得可能)
(6)絶対音感の能力
これらの能力は幼児期なら楽しく遊びながら身につけることができます。右脳の能力を引き出す秘訣はイメージ力、母子の一体感とリラックスです。教室での適切な働きかけとご家庭での取組により、創造力豊かな子どもたちががたくさん育っています。
右脳を育てるとどんな良さがあるんですか?
右脳には、普段使う機会を失っている、すばらしい能力がたくさんあります。
右脳を育てると、瞬時に目の前のものを憶えたり、量を一目でとらえて多くの数を言い当てたり、複雑な計算を計算機より速くやってのけたり、語学習得能力が優れたり、絶対音感の能力がついたりと、いいことがたくさんあるのです。
さらに、右脳教育で育っている子どもたちは心豊かで思いやりがあり、想像性豊かで、能力が高く、バランスが取れているのが特徴です。
幼児期から右脳に刺激を与え、良い環境づくりをすることが、吸収力・適応力の高い脳を育てることにつながっていきます。
大きくなっても右脳の力を保つには?
右脳は、10歳ぐらいまで毎日使わせていると、自然に右脳・左脳が連動して使えるようになります。
使われなくなった能力は、用のない能力となって、引き出しにくくなっていきます。
幼児期から何をするにもまず右脳でイメージをして学ぶ、行動に移すという習慣をつけさせてあげてください。
七田教室の特徴は?
七田は母子一体化を基本に、まずは愛情を伝えて、親子関係を良くすることから始まります。
いろいろな取り組み以前に、まずは心の教育を重んじています。
心が育つことで、自己肯定感が育ち、そのあとの取り組みがどんどん入っていくのです。
また、お子さまのその時々の成長過程に合わせて、取り組みを考えています。
絶対音感は本当に身につくのでしょうか?
身につきます。
七田のプログラムでは、月齢が小さいほど、自然に楽につけてあげることが可能です。



イードアワード

体験レッスン・資料請求お申込み専用ダイヤル

0120-415-707

受付時間 10:00~18:00

資料請求&体験レッスン申し込み専用フリーダイヤル 0120-415-707 受付時間10:00~18:00
ライン@ ツイッターをフォロー フェイスブック