親子の愛情と信頼関係を築くことから始める
「認めて ほめて 愛して 育てる」心の子育て

七田式 心の子育てについて

七田式 子どもの見方
6つのポイント

七田式には、必ずお伝えする「子どもの見方6つのポイント」があります。この「子どもの見方」を身につけていただくと、みるみる親子関係が良くなり、子育てがもっと楽しくなります。

point1子どもの短所を見ない

チェック子どもの短所ばかりに目がいっていませんか?

子育て上手はほめ上手「ほめてもらった!」それだけで子どもの行動は変わり始めます。

point2子どもの成長を途中の過程と見る

チェック子どもの今の状態に不満を持っていませんか?

今、子どもが見せる姿は完成した姿ではありません。子どもが成長の過程であることを理解しましょう。

point3完全主義で育てない

チェック子どもの今の状態に不満を持っていませんか?

今、子どもが見せる姿は完成した姿ではありません。子どもが成長の過程であることを理解しましょう。

point4比較しない

チェック他の子と比べていませんか?

もちろん勉強することも大切です。でも、いくらか頭が良くても、自分のことしか考えないような性格では困ります。 まずは、人としてどう生きるのか、思いやりを持って生きることを教えてあげましょう。

point5学力中心で育てない

チェック知育や成績ばかり気にしていませんか?

「○○ちゃんはできるのに・・・」「お兄ちゃんはできてたのに・・・」と比べてしまいがち。 成長の早い遅いや、得意・不得意に違いがあるもの。その違いを一人ひとりの個性として受け止め、それぞれの輝く長所を見つけてあげましょう。伸びるものを持っているのですから。

point6そのままを100点と見る

チェック今の状態よりも、上のレベルを求めていませんか?

今のありのままの姿で「○○ちゃんがいてくれるだけで幸せよ」 「○○ができてすごいねー!100点!!」と受け入れてあげると、それ以上の姿を見せてくれるようになります。

心の子育てに必要なもの

イメージトレーニング

親が子どもにしっかり愛情を伝えることができれば、子どもは明るく素直に、スクスクと育つものです。
当たり前のようなことに思えますが、それが意外と難しかったりします。
まずは、父親・母親として、幸せを実感できるような愛情あふれる子育てを心がけてみましょう。

厳しさ

基本は「認めて・ほめて・愛して」育てること。でも、子どもが何をしても、人に迷惑をかけていても、笑って見ているだけではいけません。
小さいころのしつけは大切です。しかるコツがわかれば、子どものストレスになることはありません。厳しさも愛情の一つ。心ある子育てを心がけてください。

信頼

親は子どもを思うあまり、つい子どもの能力に目がいき、「何ができる、できない」と子どもを判断してしまいがちです。できないことを考える前に、子どもを認め信頼してあげてください。
信頼関係とは、まず、相手を信じることから始まります。子どもも一人の人間です。しっかりと親子の信頼関係を築いていきましょう。




イードアワード

体験レッスン・資料請求お申込み専用ダイヤル

0120-415-707

受付時間 10:00~18:00

資料請求&体験レッスン申し込み専用フリーダイヤル 0120-415-707 受付時間10:00~18:00
ライン@ ツイッターをフォロー フェイスブック