七田を卒業してからもいろんな方面で力を発揮している
OBの活躍を紹介します!

卒業生の活躍

大好きなことを全力で!
ゴールのその先まではっきりイメージして、
目標の金メダル獲得へ!

東京都 伊藤正樹さん
大好きなトランポリンの道を突き進み、8歳でオリンピック強化選手に選ばれた伊藤正樹さん。
20歳で全日本選手権優勝。2011年世界ランキング1位に、そして世界選手権では銅メダルを獲得しロンドンオリンピックの切符を手にしました。 正樹さんが結果を出し続ける秘密に迫るべく、正樹さんとお母さまにお話をうかがいました。

親子で一緒に楽しんで

正樹さんは3歳から地元の体育クラブで体操や水泳トランポリンで身体を動かし、同クラブ内のチャイルドスクールコースで七田式教育も始めました。

七田式教育は机にかじりつくようなお勉強ではないので、楽しく遊びながら無理なく続けられ、創意工夫でいろいろなことが身についていたようです、とお母さまは記憶を辿ります。

「高く跳んだときの浮遊感覚がすごく好きで楽しい!」と小学生になるころにはトランポリン一筋に。自分から選手コースへ進むことを決め、8歳で第一期オリンピック強化指定選手に選ばれました。

トランポリンに打ち込むため、高校から親元を離れて単身で金沢へ。

「正直心配でしたが、本人がしたいことはさせてあげたくて…。金沢まで片道5時間、車を走らせて差し入れを持って行ったり、帰省のときは迎えに行ったり。車の中で二人きりであれこれ話せるうれしい時間でした」と、影ながら見守り支えてきた時間を「楽しかった」と話します。

イメージ力で自分に勝つ

正樹さんはトランポリンですぐに結果が出たものの、小学4年生の時に大きなスランプに。「練習ではうまくいくのに、本番だけが何をやってもダメで…」。 時には親子で涙しながら、辛い時期を過ごしたそうです。

そんな時、七田チャイルドアカデミーの関連校である現・イプラスジムの志賀一雅先生のメンタルトレーニングを個人的に1年ほど重ねました。その結果、短時間で集中力を高める力が身につき、そこから正樹さんの快進撃が始まりました。

「トランポリンは感覚競技なので、うまくできたイメージを持っていないと良い演技ができないんです」七田式教育で大切にしているイメージは、正樹さんも「とても大切なもの」と言います。

世界と比べると、当時は日本のトランポリンのレベルは低く、そんな日本の中ですら正樹さんは結果を出せていませんでした。それでも「自分は世界のトップにいるんだ!トップの自分はどんな練習をするだろうか、どんな演技をするだろうか」そんなイメージばかりしていました。
すると、世界トップが目標の正樹さんにとって通過点の日本チャンピオン。気づいた時には3連覇を達成していました。 イメージを上手に活用し、日本を跳び越え、世界へ羽ばたく選手になったのです。

「自分と戦い自分の演技ができるようになったことで、自分に勝てるようになったんでしょうね」とお母さまも話します。

トランポリンをメジャーに!

「バーミンガム世界大会」にて銅メダル獲得
(一番右が伊藤正樹選手)

生前、七田眞先生は「いつか必ず七田の卒業生がオリンピックに出場するようになる!世界に羽ばたく子どもたちがどんどん出てくる!」とおっしゃっていました。 正樹さんは、その記念すべき第1号。そして眞先生は続けてこうおっしゃいます。「イメージができれば夢は叶うんだよ!」と。

実は、正樹さんは2008年に公開された七田眞先生の映画「魂の教育」に出演し「イメージができれば、夢(当時の目標はオリンピック出場)は叶うと思います」と、答えています。

その言葉どおり、全日本選手権3連覇を達成し、2011年には世界ランキング1位。同年11月に行われた世界選手権で銅メダルを獲得し、ロンドン五輪への切符を手に入れたのです。

「オリンピックへ出ることがゴールではなく、オリンピックの結果がゴールだと思っています。好きだけではなく、目標設定とイメージを持つことが大切。ゴールしてからその先をどうするか、どういう人になりたいのか」。さらに一歩先をイメージする正樹さんは、「オリンピックで金メダルを獲得し、トランポリン競技をメジャーにするのが、僕の最大のゴールだと思っています」と、熱く語ります。

「今の正樹があるのは、多くの先生に見ていただき、多くの方にアドバイスをもらえたおかげです」と、喜びの向こうに感謝を語るお母さま。みんなで正樹さんの金メダル獲得のイメージをして応援しましょう。


※所属、プロフィール等は取材当時のものです。

学びのポイント

正樹さんがやりたいと言ったことはできる限りさせてあげ、ベストな環境づくりのために最大限のサポートをしてきたそう。
子どもの興味あるトランポリンをお母さま自身も楽しんだことで親子の絆も深まり、正樹さんの安心感とやる気の源になっていたのかもしれません。また、好きなことをさせてもらっているという気持ちが正樹さんの中にもあり、責任をもって一生懸命がんばれたようです。

伊藤正樹選手からメッセージ

七田で教わったイメージで、僕も目標の一つが達成できました。
次は金メダルを取ったイメージをして、夢を達成したいです。
みんなも好きなことをとことんやって、イメージを上手に使って夢を叶えてください!
伊藤正樹選手応援サイトで、 ロンドン日本代表を決めた2011年の国際大会などの動画をご覧いただけます。

http://masaki-ito.yumekko-club.net/




イードアワード

体験レッスン・資料請求お申込み専用ダイヤル

0120-415-707

受付時間 10:00~18:00

資料請求&体験レッスン申し込み専用フリーダイヤル 0120-415-707 受付時間10:00~18:00
ライン@ ツイッターをフォロー フェイスブック