ママも赤ちゃんも幸せ♪ ベビーマッサージで免疫力を高めましょう!

七田

ママも赤ちゃんも幸せ♪
ベビーマッサージで免疫力を高めましょう!

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!
 


 
心を通い合わせ、五感を刺激するベビーマッサージには、心と体を穏やかにし、
良い成長を促してくれる働きがあります。
ぜひ、小学生になっても、継続して行ってあげましょう。

本日は、「ママも赤ちゃんも幸せ♪
ベビーマッサージで免疫力を高めましょう!

についてお話します。
 


 

五感を刺激して、心身を鍛える

ベビーマッサージで、大好きなお父さんやお母さんから優しくなでられることで、
赤ちゃんは安らぎを得ることができます。

また、心ばかりでなく、体調も整えてくれます。

なぜなら、ベビーマッサージには、触る、見る、聞く、見る、においを感じるなど、
赤ちゃんの五感を刺激して、脳の働きを促し、
赤ちゃんの運動機能や内臓機能を活性化させる働きがあるからです。

その結果、夜泣きの軽減、便秘や下痢の緩和、
免疫力アップといった効果も期待できるのです。

゚・*:.。.☆ ベビーマッサージの仕方 ☆.。.:*・゚

● 肩、腕、手のひら
肩、腕をゆっくり、手のひらは包み込むようにマッサージし、最後に優しく握ります。

● 背中
腹ばいのまま、両手で肩から肩甲骨のあたり、背中から腰にかけて順番にマッサージ。

 
ベビーマッサージ

幼児期や小学生には、キッズマッサージ

お父さん、お母さんからお子さんへのマッサージは、
保育園・幼稚園や小学校にあがっても続けていただくことをおすすめします。
保育園・幼稚園や小学校に通うようになると、子どもがストレスを感じることも増えてきます。

また、反抗期もやってきます。
キッズマッサージで心をたっぷり満たしてあげておくと、
いろいろなことを乗り越えやすくなります。
キッズマッサージでは、お子さんが気持ちいいと感じる場所を優しくなでたり、
さすったりしてあげてください。

親子のスキンシップは、心と体の成長にとって、
とても良いので、「ぎゅーっと抱きしめる」こととあわせて、小学生まで続けてみてくださいね。

 

風邪予防にも効果的

夏の疲れが出たり、また、寒暖の差が激しかったり、空気が乾燥してくることもあり、
風邪をひいたりすることが増えてくる時期です。

同じように風邪のウイルスがいる場所で過ごしても、
風邪をひく人とひかない人がいるのは、免疫力に違いがあるからです。
日頃からベビーマッサージをしてあげることで血行が良くなって、免疫力が高まり、
風邪などの病気を遠ざけることができます。
 


 

七田

ぎゅーっと抱きしめてあげたり、声かけをしてあげることと同じように、
マッサージもスキンシップとして大事です。
幼児期なると、くすぐったい!と笑いながらマッサージされるかもしれませんが、
それはそれでとても楽しい時間になりますよね。
大きくなると、自然と肌と肌のふれあいは減ってきます。

愛情たっぷりに時間をかけて親子の触れあいを楽しんでくださいね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!