今日は胎教コースを受けたママたちからいただいた嬉しい声をご紹介します。

七田

みなさん、こんにちは!
0歳からの幼児教室 七田チャイルドアカデミーのゆうこです!

子育てのスタートは、生まれてからでなく、実は胎教から始まっています。
妊娠とわかったら、すぐにアプローチしましょう。

でも、おなかの赤ちゃんと、どうやってコミュニケーションをとればいいの?

妊婦の間って、運動はどうしたらいいのかしら?

などなど、
いろいろ疑問に思われるお母さまも、
たくさんいらっしゃると思います。

七田チャイルドアカデミーでは、妊娠5、6か月(安定期に入っている方)頃の方からを対象とした
母子一体感を深めることを目的とした実践中心の胎教コースがあります。

今日は胎教コースを受けたママたちからいただいた嬉しい声をご紹介します。

現在生後8か月の息子は、寝かしつけがまったく必要なく、
2か月ごろから1人で眠りにつきます。
周りのママからは驚かれます! どうしてこうなったか、
思い返すと…胎教からの声かけかなぁと思います。
臨月時、毎晩、絵本を読み、電気を消してから おなかの赤ちゃんに声かけしていました。『絵本を読んで、電気を消したらぐっすり寝るよ〜。眠るのはとっても気持ちいからね〜』と話していました。生まれてからも、絵本を読み、同じように声をかけました。

さらに、『今日もありがとう。生まれてきてくれてありがとう。大好きだよ〜。
パパとママの宝物』と声かけを続けたからでしょうか?
1人でスヤスヤと眠りに入ります。

Kくんママ

七田式教育を胎教から受けました。
生後3ヶ月のころには周りの大人が話す言葉を聞いて、「バイバイ」「あお」などの言葉を発しました。

Aちゃんママ

体操したりお腹に話しかけたり、これがどんな効果があるのか最初は半信半疑でしたが、
今となっては七田式教育を選択したことが間違いでなかったと思っています。
胎教で母子一体感の大切さを実感しました。 

Kちゃんママ

おかげ様で出産も胎教で習ったコミュニケーションの働きかけや

イメージトレーニングの取り組みでおだやかな出産を迎えられました。
産後もさまざまな悩みに、常に先生方がサポートして下さり、


本当に助けていただきました。

Rちゃんママ

七田

「おなかの赤ちゃんに心を通わせる」ということは、
ママにとっても赤ちゃんにとってもすばらしいことです。
おなかから出てくるまでに、親子の愛情も、とても深いものになります。
また、七田式胎教を受けて、生まれてきた赤ちゃんは、

● 表情が豊か
● 情緒が安定している
● 夜泣きをほとんどしない

などの特徴がみられます。

お母さんが楽しんでいると、おなかの赤ちゃんも、きっと楽しい気持ちになると思います。

楽しんで、マタニティライフをお過ごしくださいね!

七田チャイルドアカデミー 胎教コースはこちらから >

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。