七田チャイルドアカデミーは、2018年4月より EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミーへ生まれ変わります。

七田を卒業してからもいろんな方面で力を発揮している
OBの活躍を紹介します!

卒業生の活躍

静岡県 Mさん

豊かな思いやりで人のために行動する、
文武両道な七田っ子。

和歌山県 Kさん
現在、国立大学に通うKさん。七田での取り組みを何よりも楽しみながら、サッカーなどスポーツにも励んで成績も残しました。そんなKさんの成長や想いを、お母さまとご本人に伺いました。

楽しみながら能力を伸ばす

子供の頃

3歳から七田教室に通い始めたKさん。「七田はいちばん楽しい習い事でした。中でも科学の実験やESPなどがとても印象に残っています」と振り返ります。当時の様子をお母さまも「七田での取り組みは何でも楽しそうにしていました」と話します。

おうちでは本を読んだりブロックやパズル、ボードゲームをして遊ぶことが好きでした。七田に通い始めてからは記憶遊びや暗唱などを、お兄ちゃんと一緒に競い合いながら楽しんでいました。「車の中で七田のCDをいつも聴いていました」とお母さまが話すとおり、「日本史ラップや理科ソングなど、中学受験の時に役に立ちました」と七田の歌をよく聴き、その効果もあったことをKさんは教えてくれました。

その甲斐もあって、記憶力が良くなったというKさんは、大学受験でもその記憶力を発揮し、国立大学へ入学。「七田で1000ペグをやっていたからなのか、語呂合わせや物語の流れで記憶していくとよく憶えられたので、日本史と英語が得意でした」と言います。

「七田は、先生も友達も大好きで居心地がいいし、楽しく通うことができて、力もつく場所でした。僕自身は七田で学べて本当に良かったと思います」と七田への思いを語ります。

サッカー部で上位へと導いて

先生と

3学年上のお兄ちゃんについていって、Kさんは年少からサッカーをしていました。スポーツが好きになり、小学校では空手、陸上、バスケ、スイミングも習い、中学校に進学してからもサッカーを続けていました。進学校ゆえ文武両道で練習時間も短い中、仲間と声をかけ合い、熱心に練習に取り組んでチームメイトとのサッカーを楽しみました。

中学三年生の時にはキャプテンに選ばれたKさん。練習を盛り上げようと声をかけたり、普段からよくチームメイトとコミュニケーションをとって、どんなことを思っているのかなどを把握していたそうです。「その時はそれがどう効果があるのかわからず、ただ思うようにしていたんですけど、今になって思えば、あの声かけやコミュニケーションはとても大切だったと思います」。そう話すKさんのチームへの想いは結果となって表れ、創部19年目にして市の大会で初優勝、さらに県大会で準優勝を獲得しました。

キャプテンとして、イメージ力を使っていましたか?と尋ねてみると「使っていました。チーム全体が良くなることや、シュートが決まるイメージなどもしていました」とのこと。大学から始めたヒップホップダンスでも、自由に表現する部分で「うまいね!」とよく言われるそうで「こういうところでも、イメージトレーニングをした効果が出ているのかもしれないと思います」と話すように、イメージ力がスポーツにも生かされているようです。

人のために、町のために

先生と

小学校のころから学級委員に推薦されることも多く、高校の卒業式では卒業生代表に選ばれるなど、人望も厚いKさん。「学校の面談でも悪いことを言われたことがないんです。人を思いやる気持ちがあり、クラス全体をいい方向に引っ張っていける統率力があると、どの先生からも言われていました。家でもよく気がついて動いてくれるし、家族に対しても優しいんです」とお母さまは語ります。それをKさんは「七田で偉人伝などを教えてもらっていた影響もあったのかもしれません。人の気持ちを考えてみることも楽しかったし、勉強になりました。イメージトレーニングやESPをしていたことからも感受性が豊かになって、自分の可能性が広がったように思います」と七田での実感を話します。

このような子が育つ秘訣をお母さまに尋ねると「とにかく家族で会話をよくしていました。信頼してくれていたのか、どんなことも親に話してくれました。子育ては常にどういう人に成長してほしいか、そのためにはどういう風に語りかけたらよいかを考えることは大切だと思います。今思うと子育ては楽しかったです」と話してくれました。Kさんにもどんな家族だったかを尋ねると「感情的に怒られた記憶はありません。僕が不適切な行動をとったときはゆっくり話を聞いてくれて、納得いくように話してくれました」とのこと。

こうしたお母さまの子育てはKさんの人格にも大きく影響し、人のことを思いやる、とても優しい大人に成長しました。「志を持ち、周りの人たちを喜ばせて幸せにし、多くの人たちに貢献するには自分が何をすればいいかを考えられるように育ってほしい」と願うお母さまの想いを知ってなのか、Kさんは将来「地域の振興プロジェクトに関わって、地元を活性化させたい」と考えているようです。「大学でビジネスサークルに入ったので、ここでノウハウを学びたい」と意欲を燃やすKさん。親子の願いが叶う将来は、そう遠くないのかもしれません。

※所属、プロフィール等は取材当時のものです。

学びのポイント

カードやイメージ、暗唱など、おうちでの取り組みは、教室でしていることだったというお母さま。「七田は心の教育を大切にしたいと考えるお母さまや先生方に悩みを相談できる場でもあるし、おうちで子どもと遊ぶヒントがたくさんあります。興味のあることを楽しんで取り組めるよう、親子でしていくといいのかもしれません」。




イードアワード

体験レッスン・資料請求お申込み専用ダイヤル

0120-415-707

受付時間 10:00~18:00

資料請求&体験レッスン申し込み専用フリーダイヤル 0120-415-707 受付時間10:00~18:00
ライン@ ツイッターをフォロー フェイスブック