七田チャイルドアカデミーは、2018年4月より EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミーへ生まれ変わります。

七田を卒業してからもいろんな方面で力を発揮している
OBの活躍を紹介します!

卒業生の活躍

静岡県 Mさん

想像力と行動力で、
未来を楽しく変えるクリエイター。

岐阜県 Yさん
4歳から七田教室に通い始めたYさん。持ち前の想像力と行動力で多彩な才能を発揮し、独学で映像を学んで活動を広げてきました。この春から大学で本格的に映像を学ぶYさんのこれまでを、お母さまとご本人から伺いました。

遊びの中から学ぶ

子供の頃

年中から通室を始めたYさん。「とにかく楽しかったです。それも知的な楽しさでした」と当時を振り返ります。フラッシュカードを楽しんでいたらいつの間にか都道府県を全部憶えていたり、実験をしたら「なんで?どうして?」と行き帰りの車中でも考えるほどワクワクしたり。「七田でしたのと同じ実験を中学の授業でしたことがあって。七田でそんな高度なことをしていたんだと思うと同時に、当時疑問のままだったことが中学になってつながって深く理解できたことがいくつもありました」。

お母さまも「お兄ちゃんと仲良く遊んでるなと思っていたら、即興で一緒に架空のお話を作っていたんです。七田でしたことが、日常の遊びにつながっていると思うことがよくありました」と、当時の実感を話します。

フラッシュカードでは記憶力が身につき「英語でとても役に立ちました」というYさん。「同時に動体視力や反射神経も鍛えられたようで、卓球にいかされました」とのこと。市の大会で優勝するなど、すばらしい成績も残しました。

学問が生活を豊かにするためにあることを、小さいころに七田で遊びながら学べてよかったと思います」と言うお母さまと同じく、Yさんも「いろんなことができる遊び場だと思っていたけど、七田のおかげで学ぶことが楽しいと思えました」と振り返ります。「いろいろな経験や学びをさせてもらえて、それがすべて力になる。していたことすべてに意味があったと、後でわかりました。僕のいろんな知識のベースになっているのは七田だと思います」。

原石を輝かせるために

先生と

「七田で教えてもらったように、子どもは宝だと思って前向きな発言をするよう気をつけていました」と子育てを振り返るお母さま。「原石であるこの子は、どこをどう磨いたら輝くかな」と常に思い、接し方、声がけには気を配っていたそうです。

それができたのも「七田で安心ができたから」と言います。「不安に思うことも、七田の先生に『これでいいのよ!』と言ってもらえたので、自信を持って安心して子育てができました。

つい口を出してしまいそうなことも、Yさんが今いちばんしたいことをくみ取り、うまく環境を作りながらおおらかに見守ってきたお母さま。「言い過ぎても放っておいてもいけないので、その子に合った気持ちのいいバランスを探すのが、母親の役目かなと思います。ここまで言ってほしい、これ以上言ったらダメというのが兄弟でも全然違うので、その子に応じた接し方が必要だと学びました」とのこと。また「大変なことも楽しみに変えて『この子は将来どんなふうになるのかな』と思いながら育てたら、今思えばとても楽しかったです。私の宝物は子育てでした」と、ご自身の経験を教えてくれました。

七田には、親も子も学びが凝縮されていたと言うお母さま。「勉強だけでなく、感性や心も豊かに育ってくれたと思います。七田で親子で同時に成長ができました」と笑顔で話します。

想像力から行動力へ

天文学のサークル天文学のサークル

Yさんは、この春から武蔵野美術大学へ進学。高校2年生の時、IT企業「ソフトピアジャパン」主催の「ソフトピア探検隊」という企業CM動画制作部門で高校・大学の部において最優秀賞を受賞するなど、高校時代に力を伸ばした映像の世界を学びます。

映像の世界へ飛び込んだきっかけは、高校の天文学のサークル。「画像処理や映像を使って星の直径を求めるなど、計算も含めた天文観測をしていたことから、映像や写真に興味を持つようになりました」。ここから独学で映像の勉強をしていき、高校1年生の文化祭での制作物を映像に撮り、編集・加工してクラスメイトに配布しました。これが学校で高く評価されたことで学校PR映像の制作を任され、高校3年生の文化祭では実行委員長としてプロジェクションマッピングを行うなど、数々の作品を制作しました。

撮影や制作をするときは事前に仕上がりをイメージするそうで、七田でのイメージトレーニングがおおいに役立っていると言います。「それに『もっとこうしたらおもしろくなるんじゃないか』と思うことがあると、どんどん想像力がかきたてられて、やるべきことも見えて、行動へとつながるんです。いろんな経験や知識を学んだ七田でのベースがあるから、どうしていけばいいのかが見つけやすいし、随所で七田を起点とした力が派生して発揮されているなと感じます。すべては七田で感じたのと同じ「楽しめる」というのがいちばん大切。すべての原動力になるし、切り拓く力を自ら身につけることができますから」。

今とてもキラキラと輝いているYさんをみてお母さまは「これからも、やりたいことを自主的にやっていってほしい」と願います。新しい環境で多くの人からたくさんの刺激を受けながら「インタラクティブアート」をしていきたいというYさんの脳裏には、素敵な未来の映像がこれからもきっと映し出されていくことでしょう。

※所属、プロフィール等は取材当時のものです。

学びのポイント

プリントなど無理矢理させるのではなく、うまく聞いて促してみるなどしていたというお母さま。フラッシュカードや七田のCDを日常の中でさりげなく取り入れて楽しめるようにもしていたそうです。「ゲームを買うのでなく、ブロックなどの作ったり工夫できるもので遊ばせるようにしていました」とのこと。抱きしめ、読み聞かせをしっかりしながら絆を深め、安心して学びも楽しめたようです。




イードアワード

体験レッスン・資料請求お申込み専用ダイヤル

0120-415-707

受付時間 10:00~18:00

資料請求&体験レッスン申し込み専用フリーダイヤル 0120-415-707 受付時間10:00~18:00
ライン@ ツイッターをフォロー フェイスブック